home

  • ログイン
HOME > 2018年度入試情報 > 2018年度入試 センター・リサーチから見た東大(東京大学)志望動向

2018年度入試 センター・リサーチから見た東大志望動向(東京大学)

2018/01/19 掲載
※2018年度入試情報は、2018年4月入学予定者向けの情報です。

2018年1月13日・14日に実施され、58万人の受験生が挑戦した大学入試センター試験の結果を、40万人を超える受験生の自己採点結果を集計・分析した河合塾の「センター・リサーチ」。そのデータをもとに、東大志望動向についてお伝えします。

東大全体の動向

文理ともに出願予定者数は前年並み

出願予定者は、東京大学全体で前年比100%です。文理別でも文類が前年比100%、理類も100%となっており、文類・理類ともに出願予定者はほぼ前年並みとなりました。

科類名 募集人員 出願予定者数(全体) 出願予定者数(現役)
昨年 今年 昨年 今年 前年比 昨年 今年 前年比
文科一類 401 401 1,145 1,117 98% 958 946 99%
文科二類 353 353 992 1,041 105% 804 843 105%
文科三類 469 469 1,465 1,446 99% 1,203 1,199 100%
理科一類 1,108 1,108 3,164 3,237 102% 2,779 2,871 103%
理科二類 532 532 1,422 1,380 97% 1,151 1,126 98%
理科三類 97 97 351 317 90% 289 275 95%

科類別の東大志望動向

文科一類

2017年度入試で志願者が前年比109%と増加した反動もあり、2018年度入試の出願予定者は前年比98%となりました。
得点率が90%を超える層が減少しているため、ボーダー得点率は2017年度入試から1%ダウンの88%を予想しています。

文科二類

2017年度入試に引き続き出願予定者は前年比105%と増加しています。全国の動向と同様に、経済系の人気傾向がうかがえます。ボーダー得点率は文科一類と同じ、88%を予想しています。

文科三類

出願予定者は前年比99%と前年並みとなりました。ボーダーライン付近の層も前年並みで、ボーダー得点率は文科一類・文科二類と同じ88%を予想しています。
例年のことですが他の科類、特に文科二類からの出願変更には注意が必要です。

理科一類

出願予定者は前年比102%とほぼ前年並みですが、理類の中では唯一、前年を上回りました。上位層からボーダーライン付近、注意ラインに至るまで前年に比べ出願予定者が増加しています。
ボーダー得点率は90%の予想です。

理科二類

2017年度入試で志願者が前年比112%と増加した反動もあり、2018年度入試の出願予定者は前年比97%となりました。

得点率帯の分布では、前年と比べボーダーラインに影響を与える程の大きな変化はないため、ボーダー得点率は2017年度入試と同じ90%の予想です。
出願状況によっては、理科一類からの志望変更に特に注意してください。

理科三類

2018年度入試の出願予定者は前年比90%と減少しました。しかし、得点率が90%を超える層はむしろ増加しているため、厳しい入試が予想されます。ボーダー得点率は95%を予想しています。

HOME > 2018年度入試情報 > 2018年度入試 センター・リサーチから見た東大(東京大学)志望動向
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.