home

  • ログイン
HOME > 東京大学 合格体験記2017 > 文科一類合格 (本郷校)

東大合格体験記2017 今日の授業はその日中に絶対習得!

文科一類 大学受験科
文科一類 合格
2016年度 河合塾 本郷校 在籍大学受験科
伊藤 麻祐 さん
東京都 お茶の水女子大学附属高校 出身
大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を東京大学“合格”へと導くコース

合格おめでとうございます。今の気持ちをお聞かせください。

本当にほっとしました。浪人すると決めてから一年間、いろいろと思い悩むことがありましたので、今年受かって本当に良かったです。

試験前は、自信があったら掲示板で確認しようと思っていたのですが、いざ試験を受けてみると「あれもできなかった、これもできなかった」と、いきなり直接見る勇気が出ず、東大のHPで確認してから掲示板を見に行きました。

掲示板に自分の番号が出ているのは、本当にうれしかったです。
「周りで喜んでいる人たちも同級生になるんだ」と思い、掲示板発表はそこが良かったです。

いつから東大をめざし始め、河合塾にはいつから通い始めましたか?
また、河合塾を選んだ理由を教えてください。

高校1年生のときに行ったオープンキャンパスがきっかけです。淡い憧れのようなものでしたが、ここで学べたらいいなと思いました。

当時は将来についてまだ考えが全然まとまっていませんでしたが、高校2年生の頃にジェンダー論を高校で勉強したことで、厚生労働省に入って女性の働きやすい労働環境を作りたいという目標ができました。
そこで、官僚をめざすなら東大法学部だと意志を固めました。

河合塾には高校2年生から通っていましたが、本格的に勉強を始めたのは、部活を引退した高校3年生の春からです。
河合塾を選んだのは、疑問・質問に一対一で答えてくれる学習アドバイザーのフェロー制度(※)に惹かれた、というのもありました。

※地区によって制度が異なります。

センター試験のできはどうでしたか? 得点はどれくらいで、また、昨年と手ごたえに違いはありましたか?

国語は文章が読み終わらなくて、パッと読んですぐマークしてしまったので自信がなかったのですが、「いや、合っているだろうあの問題は」「意外と実はできているはず」と思い込むことで、引きずらずに次の英語に臨むことができました。

「引きずらないで、英語は英語で頑張ろう」と切り替えた結果、英語で満点が取れたので、センター試験は、会場の雰囲気に飲み込まれずに「自分は自分」で、一つずつの教科に向き合うことが大事だと非常に感じました。

その後、解答速報を確認すると国語は9割と思ったより取れていて、あのときに引きずらなくてよかったと心から思いました。

昨年との違い

昨年はセンター試験前に、「試験がもう迫ってくる」という意識と、「まだ全然勉強が間に合ってない」という焦りから勉強を詰め込みすぎてしまって体調を崩し、失敗してしまいました。

今年は4月の時点から「今から詰め込んで、本番1カ月前は体調管理だけしっかりして、焦らずやろう」と1年間ずっと考えていました。
実際、その計画通りにでき、昨年より40点ほどセンター試験の点数が上がりました。

センター試験の本格的な対策はいつから、どのように行いましたか?

私立大学はセンター利用入試があります。それを利用すれば2月に私立大対策に時間を取られず東大一本に絞れるので、センター利用入試での私立大合格を目標にしていました。
具体的には、河合塾で「センタートレーニングテスト」を基礎シリーズ(1学期)からすべて受けて活用し、7月頃からかなり意識していました。

東大だとセンター試験のリスニングは点数に入らないため、軽視されがちですが、私立大のセンター利用入試には必要なので、週に1回10分間(年間20回)の、「センターリスニングチェックテスト」をしっかり受けました。

センター試験は早くから意識していた方だと思います。
その結果、センター利用入試で私立大に合格できたので、2月は本当に東大の二次試験対策一本に集中できました。

センター試験対策と二次試験の両立

夏までは、現代文などは2週間に1回、授業のカリキュラムとしてセンター試験対策の問題を解きました。英語は過去問よりも、まずは基礎力をつけていこうと考えてました。

数学は、センター数学があまり得意ではなかったので、11月頃の早い時期から2週間に1回は解くようにしていました。でも、東大の過去問を解き始めたのが9月頃だったので、まだほとんど二次試験対策でした。

実は、二次試験対策を完全に休んだ時期はありませんでした。
12月は半々くらいで、1月はさすがにセンター試験対策中心でしたが、週に1回は東大数学や東大現代文を解いて勘を鈍らせないようにしていました。

二次試験当日の様子を教えてください

文科一類 大学受験科

国語は結構できたと感じたのですが、周りから古文の源氏物語ができなかったと言う声が聞こえて不安になりました。
しかし深く考えずに数学に臨み、数学では「これくらいできるだろう」と思っていた通りにでき、自分の中では合格点でした。

2日目は、社会は日本史と地理という組み合わせでした。日本史は正直かなり手ごたえがあったのですが、地理がすごく難しく感じました。

英語は、現役のときに一番苦手な教科でしたが、自信を持っていこうと思っていました。解答した時点ではまずまずだと思ったのですが、よく考えると「あれっ違ったかな」ということがあったりして、少し不安になっていました。

試験後は、解答速報は怖くて見られなくて、今日合格を聞いてさっき少し見ました。
英語はやっぱりあまりできていませんでしたが、現役の頃よりは明らかに伸びていました。

苦手科目の対策はどのように行いましたか?

現役のときから、私は全教科同じくらいの成績を取っていて、全統模試だと英語はむしろ得意な教科でした。しかし、「東大形式の英語」が苦手でした。

この一年間、東大形式の英語の実戦を行う「東大文類アドバンスコース」に所属していたのですが、それがよい演習になりました。東大形式の英語の対応力がついたことで一気に伸び、他の教科との溝が埋まった感じです。

英語の高沢先生から、「大問別にノートを作って、それ用の対策をしていきなさい」と言われてやってみたことが大きかったかなと思います。

受験勉強のなかで、特に力を入れたことはなんですか?
また、具体的にはどのようなことをしましたか?

私が4月からずっと意識していたのは、毎日の授業を絶対その日のうちに習得するということです。

授業の場で習得しようとは思うのですが、夜になると忘れしまっている部分はもちろんあるし、授業を聞いてできるような気になっているだけの場合もあります。
そこで、「今日やったところは、すべて自分でできるように自習して帰る」と決めていました。

それでも忘れてしまうので、結局2日後、1週間後にと繰り返すのですが、そういう意識を持つことで、「この問題はできるようになった」「こういう考え方が身に付いた」と、毎日毎日成長を実感でき、それが積み重なっていきました。
大きなスランプになることなく一年間伸び続けることができたのは、その意識が良かったのかなと思っています。

習得といっても、数学はともかく日本史などは帰りの電車で読む程度ということもありましたが、そうやって少しでも触れようと意識していました。

河合塾でよかったことは何ですか?

講師

授業後にしょっちゅうわからないところを聞きにいったり、個人的に対策をしていただいたりしました。
英語の高沢先生と古文の池田先生には、特によくみてもらいました。

フェロー

地理のフェローの方が本当に毎週毎週良くみてくれました。過去問を添削して、解説を次の週にしてくれました。

東大の問題は、「初めて出会った問題にどう答えるかを考える力」を問われることが多く、最初はそれがすごく苦手でした。
しかし、どういう観点で考えていけばよいか、ということをフェローの方に教わって習得することができたと思っています。

コース

東大文類アドバンスコース」は周りのレベルがとても高くて、模試の返却時にどうだったか話していても、この子すごいな、なんでこんなにできるんだろう、どうやるんだろうと、よい刺激をずっと受けられました。
非常によい環境だったと思います。

来年の受験生にアドバイスをお願いします。

直前期に詰め込みすぎない

現役のとき、私は体調を崩してしまってうまくいきませんでした。
高卒生は現役生より時間に余裕がありますが、ちょっと勉強のペース落ちてるな、と感じたときには「いやでも、今やれば直前期に焦らなくて済むし、体調管理もしっかりできる」と考えて、早く立て直して対策してほしいです。

現役生だと難しい部分もありますが、やっぱり、直前期に詰め込みすぎる計画はやめた方がよいと思います。

授業前にウォーミングアップを

本郷校では授業は9時からですが、8時頃から教室が開いているのでその時間に少しでも勉強すると、授業が始まるときにはもう頭が回っていて、1時間目から集中できるかと思います。

日本史の考え方

日本史の勉強法についてですが、用語を覚えるだけでは東大の日本史は難しいです。
私のおすすめは、『新日本史』(山川出版)という教科書です。

これを持ってる東大受験生は多いのですが、しっかり読み、わからないところを質問したりして理解していけば、日本史の考え方が結構わかるようになります。

最後に、自分を支えてくれた方に向けて一言お願いします

一番近くにいてくれた母には本当に感謝しています。
私は授業のない日曜日も自習室に来ていたので、月曜から日曜まで休みなしに毎日お弁当作ってくれて、ありがたかったです。

体調崩さないことにも繋がりましたし、試験当日もいつもずっと食べてきたお母さんのお弁当だったので安心して試験に臨めました。

河合塾 本郷校

〒112-0002
文京区小石川2-6-1
TEL:0120-191-057

  • 詳細はこちら
河合塾 本郷校
高校グリーンコース(高校生対象)
現役高校生を東京大学“現役合格”へと導くコース
大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を東京大学“合格”へと導くコース
HOME > 東京大学 合格体験記2017 > 文科一類合格 (本郷校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.