home

  • ログイン
HOME > 東京大学 合格体験記2018 > 東京大学 理科三類合格 (本郷校)

東大合格体験記2018 河合塾でしっかり学んで、ステップアップの一年にできた

○○ 大学受験科
理科三類 合格
2017年度 河合塾 本郷校 在籍大学受験科
坂内 雄大 さん
東京都立戸山高校 出身
大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を東京大学“合格”へと導くコース

合格おめでとうございます。今の気持ちをお聞かせください。

嬉しいの一言です。自分の番号を見つけた瞬間は、嬉しくて叫びました。
今までの中で一番くらい嬉しいです。

今年はweb掲載が12時より少し早かったので、自分よりも親が先に気がついて大慌てで知らせてくれました。webで確認してから本郷の掲示を見に行きました。

センター試験の本格的な対策はいつから、どのように行いましたか?
また、本番当日の様子を教えてください。

本格的な対策は、自信があった数学・理科は直前に少し解いただけでしたが、国語と社会は11月頃から2日に1回程度、センター試験やマーク式模試の過去問を解いて対策しました。
苦手科目は間に合わなかったら怖いので、早めに始めようと最初から決めていました。

センター試験本番では得意の数学でつまずいてしまい、少し落ち込みました。
苦手だった国語が伸びていたので結果的には点数はそこまで悪くなかったのですが、数学でもう少し取りたかったです。

自己採点では、目標点を少し下回って826点でした。
昨年は800点ちょっとだったので、数学で少し失敗しましたが、それでも20点くらい上がりました。特に国語と英語が伸びました。

当日は、緊張しましたが試験中はしっかり集中して解けました。
昨年もその時点での力は出せたのですが、根本的な力が足りなかったと思います。

二次試験の対策をどのように行いましたか?
また、本番当日の様子を教えてください。

理科三類 大学受験科

昨年はミスが目立ったので今年はミスをなくすことを一つの目標にしました。
ミスは、特に計算ミスと問題の読み間違いが多かったです。
数学の講師が授業で検算のやり方を教えてくれたので、まずはそれをやり、どうやればミスをなくせるのかを自分でも一年間を通して考えていきました。

勉強内容は、授業のテキストをしっかり予習・復習することと並行して、自分でやりたいと思った問題集を解いていきました。国語だけは、自分ではわからないので授業に沿ってやりましたが、英語・数学・理科は自分でも勉強しました。

数学は月刊誌の「大学への数学」、英語は和訳と作文の問題集、理科は他の難関大学、京大などの過去問も解きました。

東大の問題は、根本的な部分を問うてくる傾向があるので、東大志望者向けの問題を解くだけではなく、自分が今何をできないのかを把握して、対策は何をやろうかと考えるのがよいと思います。自分で課題や解決手段を探す能力を鍛えることも重要だと思いました。

東大二次試験当日

当日は現役時とは違って小さめの教室で、落ち着いて受けることができました。昨年は大きな教室だったので、緊張したりリスニングが聞き取りづらかったりと、やりにくかったです。今年はその点、ラッキーでした。

初日に時計を忘れてしまって、どうしようかと思いましたが、幸い自宅が近いので親が届けてくれ、試験が始まる直前に受け取ることができました。
1時間目の国語で、苦手だった現代文がいつもより読めて、時間も多めに余ったので、調子がいいのかも、とリズムをつかむことができました。

休憩時間は、友達と一緒にご飯をたべてリラックスした後、やろうと思っていた問題集を少しやって、後は音楽を聴きながら集中力を高めたりして過ごしました。

リラックス用にお菓子を多目に持っていったほか、水分も十分とるようにしました。
水分はトイレに行きたくなることが心配かもしれませんが、試験中でもトイレに行くことは可能ですから、我慢しない方がよいと思います。

受験勉強のなかで、特に力を入れたことはなんですか?

二次対策でお話しした「ミスをなくすこと」に力を入れましたが、それ以外にもいろいろやりました。

得意科目を伸ばす方法

得意科目は、京大の問題を解いたり、難しい問題集に挑戦したり、いろいろな問題に当たりました。
東大は型にはまらない、柔軟な思考力を求めていると思ったので、さまざまな難しい問題に当たってみることを心がけました。

苦手対策

苦手科目は、国語の現代文・古文・漢文の全部が苦手で、現役時は全体的に取れていませんでした。

そこで古文・漢文は週に1回は必ず、できれば2日に1回は古文と漢文のどちらかを解いて文章の流れに慣れることを心がけました。
現代文は11月頃から過去問集を解いて、「センター国語」の解き方のようなものを学べたと思います。

その結果、センター国語は現代文88点、古文40点、漢文50点が取れました。これまでで一番良い結果になりました。

1日の勉強時間

勉強時間は平均して、授業がない日で1日8時間~9時間、授業がない日は4時間程度でした。集中が続く時間内で一気に勉強していたので、勉強時間としてはそこまで長くないと思います。

家でも1,2時間なら勉強できたのですが、長時間になると休憩時間がどうしてもズルズルと長くなってしまうので、できるだけ河合塾の自習室を利用しました。

いつから東大をめざし始め、河合塾にはいつから通い始めましたか?

東大をめざすきっかけ

両親が東大出身だったので、小学生の頃からぼんやりと、「東大に行きたいな」と思っていました。しかし、本格的に自分の意志で東大をめざすと決めたのは遅く、高3の夏でした。

夏前に学校行事が終わり、受験勉強へ切り替えるときに進路について考えて、やっぱり行きたいと思ったことがきっかけです。
ただ、そのときは科類まではあまり考えておらず、理科一類をめざしていました。

理三志望になったのは、浪人が決まってからです。
浪人を決めて、やりたいことや将来についてもう一度考えたとき、理学より、工学より、医学がやりたいと思いました。

理学や工学は、自分にとってどこか漠然としていて、実感がわかなかったのですが、医学は今実際に苦しんでいる人を助けることができる、という点にやりがいを感じました。

理三の面接

理科三類では今年から面接があったのですが、志望理由を聞かれて、あとは調査書に沿って部活や高校での話を聞かれました。和やかな雰囲気で、医師の適性を見るというよりはコミュニケーション能力を見ているように感じました。

河合塾に通い始めた時期

現役時は高校の授業・講習のみだったので、河合塾に通いはじめたのは高卒時からです。通いやすい立地と校舎の綺麗さが決め手でした。「ここなら頑張れそう」と思いました。

実際に通ってみて、自習室では集中できましたし、講師の授業はタメになるものがたくさんあって、力を底上げしてもらいました。

河合塾で受講したコースを教えてください。

コースは「ハイパー東大理類コース」に通っていました。
このコースは自分で選択科目を選べるので、その点に惹かれました。どの校舎にするかを選ぶ際も、このコースがあるかどうかで決めました。

河合塾でよかったことは何ですか?

理科三類 大学受験科

一番お世話になったのは、検算の重要性を教えてくれた数学の講師です。そのおかげで力が良く伸びて、合格点に届いたと思っています。

あと、英語のネイティブの講師の授業では英語が楽しいなと思うことができました。他にも、古文の授業が楽しくて、実際に解いていて「あ、なるほど」と思うことができたり、河合塾の授業は毎授業、得るものがありました。

フェローやチューターも、すごく利用したという訳ではありませんが、「相談相手がいる」というだけで心強かったです。

あなたにとって河合塾はどのような場所でしたか?

勉強の場であり、友達とリラックスできる場でした。
高卒生の一年間は、自分にとって足踏みではなくて、ステップアップの一年だったと思っています。
そして、そういう一年にできたのは、ここだったからだと思います。

今年河合塾でしっかり学んで理三に届く学力に成長できたことは、去年なんとなく受けて合格してしまうよりも、むしろ良かったと思っています。

来年の受験生にアドバイスをお願いします。

妥協をしないことが大事だと思います。
得意科目でも苦手な分野がある人は多いと思うのですが、東大はまんべんなく出題するので、「得意分野だけ伸ばせばいいや」というのは危険です。

特に理三は苦手分野だからといって点を落とすことができない、ハイレベルな戦いになるので、きちんと苦手分野に向き合うことが必要です。たとえば、人に頼ったり、自分で頑張ったり、問題集を探したり、いろいろな方法がありますが、どう克服していくかを自分で考えていくことが大事だと思います。

あとは、ミスをなくすこと。解ける問題をミスで失点することを、実力を上げることで釣り合わせるのは本当に大変なので、ミスをなくした方が絶対によいです。
自分でしたミスを書きだしたり、検算したりしながら、日々これはどうやればミスが減らせるかと考える習慣をつけました。まずは気をつけるという意識を持つことが第一歩だと思います。

そのほか、自分は問題の読み間違いが多かったので、試験のときに問題文を2回読む癖をつけました。問題を解くときに1回読み、他の問題を解いて時間をおいてからもう一度問題を読み返すという感じです。焦るとつい忘れてしまいがちでしたが、2回読むと結構間違いが見つかります。

理科や数学は問題文があまり長くないので、2回読んでもそんなに時間はかかりませんし、ミスをなくすためには指さし確認をするくらい丁寧に読んでもよいと思います。

河合塾 本郷校

〒112-0002
文京区小石川2-6-1
TEL:0120-191-057

  • 詳細はこちら
河合塾 本郷校
高校グリーンコース(高校生対象)
現役高校生を東京大学“現役合格”へと導くコース
大学受験科(高卒生対象)
再スタートする高卒生を東京大学“合格”へと導くコース
HOME > 東京大学 合格体験記2018 > 東京大学 理科三類合格 (本郷校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.