ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 勉強がはかどる方法 文類:文科一類 勉強前に音楽を聴く理由

東大受験を乗り切るために勉強がはかどる方法(文類)
勉強前に音楽を聴く理由

T.M さん
文科一類 入学
大阪府立北野高校 出身
2011年度 河合塾 大阪校 在籍大学受験科

今回は、勉強がはかどる方法という観点からアドバイスします。

音楽の活用方法

私はいつも、自分の気持ちを高める曲を聴いてから勉強に取り組んでいました。
曲目ですが、部活の試合前のように、野球・サッカーのテーマソングや選手応援歌を聞いていました。皆さんもぜひ、自分に合った曲を探してみてください。

ですが、音楽を聴く際に全国の皆さんに注意してほしいのは、勉強前に音楽を聴くのは効果が大きくても勉強中に聴くのはダメということです。
これには2点理由があります。

勉強の効率が落ちる

曲を聴くことにある程度意識が向いてしまうので、勉強の効率がどうしても落ちてしまいます。
これは、特に耳から入っていくる言語と勉強している言語が一致しないときに顕著になりますが、ほかの教科も少しでも集中力が下がるのはよくないでしょう。「周りの雑音が気になるから自分の世界に没頭したい」という人は、耳栓などを買うことをおすすめします。

試験本番は、音楽を聴きながら受験できない

当たり前のことですが、これは大きなポイントです。受験生の日々の勉強の裏には、志望大学合格という目標があります。そのためにはもちろん、試験当日に自分の能力をできるだけ発揮しなくてはいけません。
そして、試験当日にできる限りの能力を発揮するには、常日頃から試験に近い環境で勉強することが大切です。試験本番に自分の好きな曲を持ち込めない以上、普段からできるだけ勉強中は音楽を聞かない方がよいでしょう。

勉強がはかどる方法

私は、夏休みなどの長期休暇や試験直前は午前と午後の勉強開始時間をできるだけそろえることに重点を置いていました。

これは、最初のうちは集中力が十分高まっていないのに勉強を始める日などが発生して、非常にやりにくい面もあると思います。ですが慣れてくると、勉強開始時刻に机に向かうと必然的に勉強に対するスイッチが入るように体内時計が調整されていきます。
この習慣を夏休みから身につけておけば、センター試験直前などの緊張する時期でも、一定のリズムを保ったまま勉強できるようになります。

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 勉強がはかどる方法 文類:文科一類 勉強前に音楽を聴く理由
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.