home

  • ログイン
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 勉強がはかどる方法 文類:文科二類① 周囲の受験生と競い合おう

東大受験を乗り切るために 勉強がはかどる方法 文科一類
勉強前に音楽を聴く理由

T.M さん
文科二類 入学
東京都 麻布高校 出身
2013年度 河合塾 秋葉原館 在籍高校グリーンコース

まず、成績を伸ばすためには、主体的に長時間勉強をする習慣をつけることが不可欠です。
しかし、勉強が生まれながらに好きな人はそう多くないでしょう。僕も勉強は好きではありませんでしたし、正直今でも好きではないです。

また、受験は長期間にわたり勉強することが求められるので、計画的にスケジュールを立てることも重要です。
こちらについても、僕は計画的に勉強することが苦手でした。

そのため、僕の勉強法は勉強に自信がない方も参考にできる内容だと思います。

勉強がはかどる方法

僕の場合は、周囲の受験生と模試を含めた成績を競い合うことで、勉強のモチベーションを高めていました。

一度高い成績を取って、
「勉強すれば間違いなく成績が上がるという自信がつく」
→「勉強する意欲がわく」
→「結果的に成績が上がる」

という好循環が起これば、合格の見通しが立ったと言ってもよいと思います。
しかし問題は、「どのように循環をつくり始めて、途切れないように維持し続けるのか」です。

それは、周囲に受験生がいる環境で、勉強をし続けなければいけないと自分に暗示をかけることで解決できます。つまり、周囲の受験生よりも勉強して高い成績を取ろうと意識すればよいのです。
一方周囲の受験生も、勉強量を増やしたあなたに触発されて、より一層勉強に励むことでしょう。

模試の成績に一喜一憂しすぎる必要はありませんが、勉強に対する意欲がわかないという人は模試の成績を受験勉強のモチベーションにすることも有効だと思います。

勉強がはかどる場所

勉強場所に関しては僕の周囲でも人によって好みが違っていましたので、自由に選んでよいと思います。しかし、絶対にはずせない条件は「長時間集中できる場所であること」でしょう。

僕自身は、河合塾の自習室と高校の図書館、高校の近くの都立図書館を使っていました。
高校の図書館は過去問が置いてありましたので、それらを参考にしたいときに使い、都立図書館は夜遅くまで勉強したいときに、河合塾の自習室は家から近かったので土日など家から通うときに使っていました。
これらの場所は静かで、遊ぶことがためらわれるため集中して勉強するにはもってこいでした。疲れたときには無理をせず、退出して休むことができた点もよかったです。

ちなみに僕は、疲れて集中力が途切れたときは勉強を中断していました。
無理に勉強量を増やすよりも、勉強に対する集中度合の方が重要だと思います。

HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 勉強がはかどる方法 文類:文科二類① 周囲の受験生と競い合おう
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.