home

  • ログイン
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 秋以降の過ごし方 理類:理科一類① 「基礎」を「応用」に変える方法

東大受験を乗り切るために 秋以降の過ごし方 理科一類
「基礎」を「応用」に変える方法

S.K さん
理科一類 入学
広島県 広島学院高校 出身
2011年度 河合塾 広島校 在籍 大学受験科

今回は秋以降の取り組みについて紹介したいと思います。
僕は「1年間の過ごし方」で、秋以降は「基礎」を「応用」に、つまり身に付けた「基礎」を、発展問題を通じて受験レベルの問題で使える力に変えていく時期だと言いました。

どういうことかと言いますと、1学期のような基礎知識を1つ2つ使えば解けるレベルの問題ではなく、基礎知識を組み合わせたうえで少し頭をひねって解く、受験レベルの問題に取り組む時期ということです。つまり、「初見の問題の演習」です。

しかし、どのように演習に取り組めば「基礎」が「応用」に変わっていくのでしょうか。

ここでお伝えしておきたい大切な取り組み方、それは「問題を解くときは時間を惜しみなくかける」ということです。時間がかかってもよいので、自分の知っている知識をどう利用すれば解答にたどり着くか、じっくり悩んでください。その後解答を見て基礎の運用法を学び、身に付ける。この繰り返しによって、初見の問題に対応する力を身に付けることができます。

初見の問題について触れましたので、過去問についても僕の経験をお話しすると、センター試験の過去問は12月の半ばから、二次試験の過去問は問題によっては11月から少しずつ解きましたが、ほとんどはセンター試験後に解き始めました。

過去問を解き始める時期に関しては人それぞれです。解きたいなと思った時期に始めたらよいと思います。
しかし、1点だけ注意点をお伝えするとすれば、過去問の使い方には、上記で挙げた「初見の問題演習」に使うのか、「時間を計って試験対策として」使うのかの2つがあります。
前者であれば11月ごろから解き始めてもよいでしょう。この場合は、後者のように時間を気にして解く必要はないと思います。僕も後者としての使い方は受験直前期だけでした。

秋は模試が毎週のように続き、なかなか勉強のペースをつかめなかったりします。しかし、それでも毎日コツコツと、内容の濃い日々を送ってください。
夏を乗り越えた自分を信じて、今まで苦労して身に付けた知識をより一層洗練させることができるよう、がんばってください。

HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 秋以降の過ごし方 理類:理科一類① 「基礎」を「応用」に変える方法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.