home

  • ログイン
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 秋以降の過ごし方 理類:理科一類② 東大対策模試を活用しよう

東大受験を乗り切るために 秋以降の過ごし方 文科二類
予習で粘る力を身につける!

Y.K さん
理科一類 入学
神奈川県 柏陽高校 出身
2010年度 河合塾 横浜校 在籍大学受験科

今回は秋以降の過ごし方についてです。夏と同様に秋にも各予備校の東大対策模試が実施されますので、それらをペースメーカーにして学習を進めていくことになります。

9月

夏に実施された東大対策模試が返却されますので、まずはその復習を最優先に行う必要があります。復習といっても、各教科の内容の復習に関しては模試受験後に行っているはずですので、ここでは返却された後にしかできないことを行うことが重要です。

具体的には、「採点基準を確認する」「自己採点とのずれを分析する」などです。さらには全受験生の得点の分布や成績優秀者なども公開されますので、得意科目であっても「上には上がいる」ということを認識し、たとえA判定であっても結果を謙虚に受け止めることが大切だと思います。

10月

例年、この時期は11月の東大対策模試に向けて落ち着いて勉強に取り組める期間です。
ぼくは夏の東大対策模試の反省を活かしながら、学んだことを点数に帰着させていくことを意識しました。点数を取ることを最優先に考え、東大の過去問や東大対策模試の過去問を使った演習を意識的に取り入れました。

11月

各予備校の東大対策模試が毎週のようにあるこの時期は、模試に関連した学習(復習や分析など)で手一杯だと思います。それ以外の学習が思うように進まなくてもあまり焦らないようにしてください。

また、ぼくの場合は模試を複数受ける中で、毎週毎週自分の成長を把握することを心がけていました。そうでないと、ただ模試を受けるだけで11月が終わってしまうためです。

12月

秋の東大対策模試が落ち着いた12月からはセンター試験の対策に移りましょう。
ぼくは12月以降ほぼすべての勉強時間をセンター試験のために費やしました。いったん二次試験の勉強から距離を置くことによって、いままで手に入らなかった着眼点を得られると考えたからです。

実際、そうすることで「出題形式の違いを超えた大局的な見方」を身につけられた気がします。たとえば、「現代文はマーク・論述の違いによらず、設問の作られ方は同じで、ともに同じような学力を要求している」といったようなことです。
センター試験の勉強もしっかりと二次試験に生きてくるということを認識して学習を進めました。

HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 秋以降の過ごし方 理類:理科一類② 東大対策模試を活用しよう
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.