ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > リフレッシュ方法 文類:文科三類2 やる気が出る「楽しみ」の作り方

東大受験を乗り切るためにリフレッシュ方法(文類)
やる気が出る「楽しみ」の作り方

K.M さん
文科三類 入学
茨城県立土浦第一高校 出身
2011年度 河合塾 松戸校 在籍 大学受験科

私は受験勉強中もなかなか集中力が持続せず、とても苦労しました。
しかし集中力を伸ばす方法を考えるよりは、「疲れた! 飽きた!」と感じてしまったときに上手くリフレッシュし、切り替えていく方が自分に合っていると思い、さまざまなリフレッシュ方法を試してみました。ここで、私が実際にやっていたリフレッシュ方法を紹介したいと思います。

飲食店に入る

カフェでコーヒーを飲みながらぼーっとするもよし、レストランやファストフード店に入って好きなものを食べるもよしです。その日の気分でお店を選び、自習室の静かで張りつめた環境から抜け出して周りがざわざわしている環境に行き、一旦勉強のことを忘れて好きなものを食べたり飲んだりと、幸せに浸っていました。
「今日は○○を食べよう」「今日は○○のお店にいこう」と考えるだけで、モチベーションが上がり、勉強も一層はかどりました。

文房具屋さんに行く

使いやすそうなノートや、書きやすそうなペン、アイデアのつまったおもしろい文房具など、見ていて飽きませんでした。「次はこのノートを試してみようかな」「ペンを変えてみようかな」と、わくわくしながらあれこれ考えることでリフレッシュできるうえに、今後勉強を進めていくなかで、よきパートナーとなるような文房具に出会えるかもしれません。

勉強している場所の近所に散歩に出かける

受験生はどうしても運動不足になりがちです。しかし、着替えたり準備したりしてスポーツをすることは面倒だと思っていた私に、散歩はぴったりでした。
特に天気のよい日にぶらりと散歩すると、心身ともに健康になっていくような気がします。

高校の同級生とご飯に行く

これは私が浪人していたときの話ですが、現役で大学に合格した高校の同級生とご飯に行っていました。

高校時代の思い出話に花を咲かせ、勉強のことを忘れて楽しい時間を過ごすだけでなく、大学での生活の様子を聞いて、「よし、来年は私も希望の大学に入学して素敵なキャンパスライフを過ごそう」と、より一層勉強に身が入るようになりました。 ただし、友達とのお喋りはいつまでも止まらないことが多いので、そこは自分に厳しく時間を決めておきました。

4つのリフレッシュ方法を紹介しましたが、人によって合う、合わないがもちろんありますので、ぜひ自分にあったリフレッシュ方法を見つけて欲しいと思います。

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > リフレッシュ方法 文類:文科三類2 やる気が出る「楽しみ」の作り方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.