ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > リフレッシュ方法 理類:理科一類 集中力が持続する息抜きの仕方

東大受験を乗り切るためにリフレッシュ方法(理類)
集中力が持続する息抜きの仕方

坂井 郁哉 さん
理科一類 入学
神奈川県 栄光学園高校 出身
2016年度 河合塾 横浜校 在籍大学受験科
坂井さん
大学受験科(高卒生対象)
再スタ-トする高卒生を東京大学"合格”へと導く河合塾のコース

勉強をしているときに、最初から最後まで集中力が続くことは、なかなかありません。何らかの方法で持続させる工夫が必要になります。

勉強の集中力を持続させる工夫

勉強時の音楽の注意点

私は少し音があった方が集中しやすかったので、勉強をしながら音楽やラジオを流すことである程度集中を持続させることができました。
しかし、この方法は勉強の効率を少し落としてしまうので、長時間勉強をする予定で、さらに暗記ではなく計算などの単純作業のときにのみ行うべきだと思います。

飴の意外な使い方

また、私はよく飴を食べながら勉強をしていたのですが、「少なくとも、手持ちの飴がすべて無くなるまでは勉強をやめない」など、勉強時間の指標にもしました。
これは、モチベーションの維持にも効果があったのではないかと私は思っています。

集中力が切れてきたときの息抜き方法

ある程度勉強をしていると集中力が途切れてくることがあると思います。私の場合、そのようなときは自習室を出て歩き回るなどして気分を一新していました。
一度切り替えるために場所を変え、その後また勉強を再開することで、集中力も回復すると思います。

休憩は、その場では時間がもったいないと感じるかもしれませんが、その方が勉強の効率が上がり、結果的によりよい勉強効果を期待できます。
自分にあった息抜きの仕方をいくつか見つけておきましょう。

ストレスが溜まったときは、一日完結リフレッシュ

ストレスが溜まってくると勉強へのやる気がなくなってしまいます。そのため、ある程度のガス抜きをした方が勉強の効率を上げるのに効果を示すことがあります。
しかし、そのガス抜きが長く続いてしまうと、逆に勉強へのやる気を削いでしまいます。

したがって一日だけストレス解消の日を作り、一日で完結するリフレッシュを行うのがよいと思います。

たとえば、友だちと運動をして体を動かしたりするのもよいでしょう。思う存分趣味を謳歌するのもよいかもしれません。
私の場合は一日家にいて寝て過ごしたり、録り溜めていたテレビ番組を見たりして過ごしていました。

このとき、続きが気になるような状態で終わるようなことは、絶対にないように気をつけました。続きが気になってしまうと、勉強の間に邪念が入ってしまってストレスが通常よりも早く溜まってしまうからです。

ストレスを溜めすぎないことは非常に大切なので、さまざまな工夫をしてみてください。

大学受験科(高卒生対象)
再スタ-トする高卒生を東京大学"合格”へと導く河合塾のコース

文類の先輩の記事を読む文類の先輩の記事を読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > リフレッシュ方法 理類:理科一類 集中力が持続する息抜きの仕方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.