ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 激励メッセージ 文類:文科一類 受験生は最後の1日まで成績が伸びる

東大受験を乗り切るために激励メッセージ(文類)
受験生は最後の1日まで成績が伸びる

三枝 駿介 さん
文科一類 入学
千葉県 渋谷教育学園幕張高校 出身
2015年 河合塾 津田沼校 在籍高校グリーンコース
三枝さん
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

今回は、二次試験直前に僕が気を付けたことについて紹介します。

センター試験後は過去問ノートをつくろう

センター試験が終わってからは、二次試験の過去問演習に重点を置くことになると思います。過去問を解くことは、記述力が上がるだけでなく、今まで教科書で覚えた知識の整理にも役立ちます。

僕は過去問演習のとき、専用のノートをつくり、間違えた部分の周辺知識や知らなかった単語・表現をまとめていました。
ここでつくったノートは、自分の苦手をまとめた最高の参考書になります。僕も、本番直前は何度も読み直して苦手対策をしていました。

また、併願する私立大の過去問も解いていました。似た傾向の問題を出す私立大の過去問は東大の二次試験対策にもなります。それに、問題によっては東大二次試験よりも難度が高いことがあるため、私立大の過去問に慣れることで難度の高い問題に当たっても落ち着いて解けるようになりました。

試験直前は新しい問題に手を出さない

試験直前は、新たな問題に手を出さないようにしました。
万が一解けなかった場合に、自信がなくなるかもしれないと思ったからです。

新しい問題を解かない代わりに、今までの東大対策模試の解き直しをこのタイミングでしましたが、これは正解だったと思います。苦手だった部分が克服できていて、成長を感じることができたからです。

ここで解き直した問題も前述の過去問ノートにまとめておくと、復習できる内容が増えるのでおすすめです。

前日は持ち物準備を念入りに

試験前日は、寝る前に荷物を準備しました。
特に、センター試験の受験票(二次試験でも必要です!)と二次試験の受験票、筆記用具は忘れると焦ると思ったので、起きたときにも確認しました。

翌朝は、母親に弁当を作ってもらっていたので、それも忘れずに入れました。
ちなみに、服装は制服にしました。高校の先生におすすめされていたのと、制服なら服装でおかしな不正を疑われたりする心配がないだろうと思ったからです。

当日はチューターと会おう

僕は、グリーンチューター(河合塾の進学アドバイザー)が来てくれると言っていたので、2日目に会いに行きました。
初日のことを話したりして、話すことでリラックスできました。また、激励してもらえたので、すごくうれしかったです。

チューターが会場に来てくれている場合は、会いにいって少し話をするときっと落ち着くことができると思います。ぜひ話しに行ってみてください!

受験生は最後の1日まで伸びる!

最後になりますが、受験生は最後の1日まで成績が伸びます。
今、模試の成績や高校のテストの点数がよくないと思っても、あきらめないでください。
実際、僕は直前期に古典単語と英単語をたくさんやることで、苦手科目の底上げにつながりました。

また、併願大で受かったりダメだったり、ということがあると思います。しかしダメだったときは、やる気を出すチャンスでもあります。悔しさをバネに頑張れば成績も伸びます。
東大で会える日を楽しみにしています!

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 激励メッセージ 文類:文科一類 受験生は最後の1日まで成績が伸びる
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.