home

  • ログイン
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 東大をめざした理由 文類:文科二類① 苦しいときは原点に立ち戻って

東大受験を乗り切るために 東大をめざした理由 文科二類
苦しいときは原点に立ち戻って

M.T さん
文科二類 入学
東京都 海城高校 出身
2014年度 河合塾 池袋教室 在籍MEPLO

私が東大をめざした理由は4つあります。

高校の仲間

第一に、私の通っていた海城高校は優秀な生徒が多い、いわゆる進学校であったことでした。東大をめざす人も多く、そのような環境にいたので、自然と東大を意識するようになりました。
また受験期には、高校の仲間に対する競争心というものも大きな原動力になっていました。まさに私の大学受験は、高校に始まり高校に終わったというべきでしょう。

進学選択

第二に、東京大学の進学選択(進振り)制度に惹かれたことです。
私は歴史と経済の両方に興味があり、どちらを専攻として学ぶかを高校生時は決めあぐねていました。歴史は世界史で学んでいましたが、経済はわずかにしか学んでおらず、正しい判断をするには、経験が不足していました。

そのようなことで悩んでいる時期に、進学選択制度をもつ東京大学に進学すれば、1年半の間、将来の専攻や職業を考える期間があることを知り、東京大学に対する興味がより一層深いものになっていきました。
今はもう、経済の道に進むことに決めましたが、この決断を下すことができたのも、進学選択制度のおかげで1年生の間に経済を学ぶことができたためでした。

最難関の大学

第三に、東京大学が日本で最高の難易度を誇る大学とされていたことです。
MEPLOに通っているときも周りに優秀な人が多くいましたが、「東京大学に受かったら、より優れている人だけの空間に行ける」という気持ちが私の心を大きく動かしていました。

また、そのような難度の高い大学に挑戦することはやりがいもあり、大学受験は自分の実力を十二分に発揮する良い機会だとも思っていました。
皆さんも大学受験をただの試練であると思わずに、楽しんでしまうくらいの感覚で挑んでください。

立地

第四に、私の家が文京区内にあり本郷キャンパスから近かったことです。
中学、高校と電車通学だった私にとって、大学まで自転車で通うことができるということは非常に好ましいことでした。
ただし実際は、入学後の2年間は駒場キャンパスに通うため、まだ私は電車通学をしていますが。

以上が、私が東大をめざした理由です。
皆さんも、ときどき自分が東大をめざしている理由を見つめなおすことで、やる気や希望を得ることができると思います。
苦しいときこそ、原点に立ち戻ってみてくださいね。

HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 東大をめざした理由 文類:文科二類① 苦しいときは原点に立ち戻って
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.