home

  • ログイン
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 東大をめざした理由 文類:文科二類② 私が東大をめざすと決めるまで

東大受験を乗り切るために 東大をめざした理由 文科二類
私が東大をめざすと決めるまで

T.T さん
文科二類 入学
愛知県 滝高校 出身
2014年度 河合塾 千種校 在籍高校グリーンコース

私が東大をめざそうと考えたのは、高校3年生の春でした。
意識し始めた時期としては、比較的遅い方だと思います。その理由を含めて、今回は、私が東大をめざすと決めるまでの過程を書きます。

高2生で不安になる

私は高校1年生のとき、非常に怠惰な生活をしていました。
部活をやめて、家でスマホをいじるか、友達と遊ぶかのどちらかしかせず、ほとんど勉強をしていませんでした。当然、成績もあまり良くありませんでしたが、特に将来やりたいこともなく、なんとなく日々を過ごしていました。

しかし、高校2年生になると自分の未来に不安を持ち始めました。「このままでは将来が危ないのでは」と漠然と感じるようになったのです。
そこで、「とりあえずレベルの高い大学に入ればなんとかなるだろう」と思い、真面目に勉強するようになりました。

その頃は、特に東大を意識してはいませんでした。それまでの成績が悪すぎたので、東大は自分から遠い存在だと考えていたからです。
部活を辞めていたため、幸いにも私には時間がたくさんありました。そのため、順調に成績を上げることができ、高校3年生になる頃には、自分の学力にかなり自信を持てるようになっていました。
私が東大受験を意識し始めたのはその頃です。

東大の志望理由

どうせなら日本一の大学に入りたい、と思うと同時に、東大に入れば将来安泰だろうという期待もありました(実際はそんなに甘くはないです)。

そして、「東大に入るためにはもっと勉強しなければ」と考え、勉強時間も増えました。遠い存在だった東大の合格の可能性が現実的なものとなって初めて、私は東大を志望するようになりました。それがさらなる勉強のモチベーションにもなっていました。

当初は「あわよくば東大に行きたい」という程度で、東大についてほとんど何も知りませんでした。
しかし、河合塾の東大対策講座で東大に関する情報を教わるうちに、東大への憧れが強くなっていきました。特に、自分の使っていた教科書を書いているのが東大の教授だと知り、その教授の授業を受けたいと思うようになりました。

そしてそれは、入試直前には「なんとしても東大に行きたい」「東大に受からなかったら浪人しよう」という熱い思いになっていました。

東大に入学して

実際に東大に入ってみると、入学前のイメージとは異なることもたくさんあります。がっかりさせられることも多々あります。なにより、東大に入っただけでは人生安泰にはなりません。 しかし、やはり私は東大に入ってよかったと感じています。

なんだかんだで、「東大」という言葉は多く場面で味方になってくれます。そしてそれ以上に、東大では多様な考えを持った優秀な学生と一緒に学ぶことでき、自分の見識を広げられます。

また、さまざまな設備やプログラムが整っているため、学問をするのに最適な場所であると言えます。
東大では、どの授業の教授もその分野の第一人者です。そのため、教授が自分の読んだことのある本の著者だった、ということも多いです。
第一線で活躍している方の授業を聞くことができるのは、東大の強みだと思います。

私の志望動機はあまり大層なものではありませんでしたが、それでも勉強のやる気につながったのは確かです。みなさんも、なぜ東大に行きたいのか、もう一度考えてみるとよいと思います。

HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 東大をめざした理由 文類:文科二類② 私が東大をめざすと決めるまで
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.