home

  • ログイン
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 東大をめざした理由 文類:文科三類③ 先輩や教授の話が決め手に

東大受験を乗り切るために 東大をめざした理由 文科二類
先輩や教授の話が決め手に

N.S さん
文科三類 入学
広島県 ノートルダム清心高校 出身
2016年度 河合塾 広島校 在籍高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

東大をめざすきっかけ

わたしがはじめて東大を志望校として考えたのは、中3生のときでした。
当時、わたしは将来やりたいことが次々と思い浮かんで、とても一つに絞ることができませんでした。そのことを担任の先生に相談したところ、「東大に行けば入学してから専門を決められるよ」と教わったので、漠然と「大学は東大にしたいな」と思うようになりました。

その頃のわたしの成績は、東大をめざせるほど良いものではなかったのですが、まだ受験には時間があるし、担任の先生や河合塾のチューターから「目標は高い方が良い」とよく聞いていたので、それ以降は常に模試の志望校欄には東大を書くようにしていました。

東大に行こうと決意するまで

そして、高1生のときに、東大に進学した先輩からお話を聞く機会がありました。
東大にはバイタリティのある人がたくさんいて、常に刺激を受けることができると聞き、わたしもぜひそのような環境に身を置いてみたいと思うようになりました。

その後、東大の説明会で教授とお話ししたり、オープンキャンパスで模擬講義を受けたり、研究室見学をしたりする中で、東大の雰囲気そのものにもとても惹かれ、なんとしても東大に行こうと決意しました。

志望科類の選び方

わたしは東大受験生の中では比較的早くに東大を志望した方ですが、科類のうちから文科三類を選んだのは、高3生になってからでした。
自分の成績を鑑みて、文三が一番現実的な夢であったからということも少なからずあったのですが、だんだんと、「文系全般に興味があるものの、法学や経済学といった実学よりは文学などの虚学により興味がある」と気づいたことが一番の理由です。

もちろん、東大は進学選択制度といって、学部を入学後に決めることができるのですが、法学部なら文一、経済学部なら文二というふうに、進学のしやすさが科類によって異なります。
ですので、すでに興味のある学問が漠然とでもある人は、その学部に即した科類を志望することをおすすめします。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 東大をめざした理由 文類:文科三類③ 先輩や教授の話が決め手に
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.