ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 東大をめざした理由 理類:理科三類2 東大をめざした一番の原動力

東大受験を乗り切るために東大をめざした理由(理類)
東大をめざした一番の原動力

J.Y さん
理科三類 入学
東京都 駒場東邦高校 出身
2014年度 河合塾 あざみ野館 在籍 大学受験科

正直なところ、僕は論理的な理由をもって東大をめざそうとしたわけではありません。それを踏まえたうえで、僕が東大に行きたかった理由をありのままに書こうと思います。

僕が東大をめざした一番の理由

まず一番に、というかこれがほぼすべての理由なのですが、小学生のころから東京大学という大学に漠然とした憧れを抱いていました。
憧れを抱いていたのは、東大が日本でトップの大学であるからでしょう。

中学・高校に入って、東大は偏差値がトップであり、国立であり立地もよく、塾で習った憧れるような先生はみんな東大生であり、メディアで東大生は天才と評されたりする、などがわかり、東大には常に憧れが付いて回りました。
そして、自分にはこの大学しかないと思い、なんとしてでも入ろうと思いました。こうして、東大を必死でめざすことにしたわけです。

自分のめざした理由を正当化するつもりはまったくありませんが、東大をめざす理由なんて、「日本でトップだから」でもよいし、「自分の偏差値に一番合うから」でもよいでしょう。受験する大学を選ぶときに、誰もが何かしらの原動力を持っているのは確かです。僕にとって、その原動力は強い憧れでした。

東大の魅力

行きたい大学に迷って候補となる大学を調べると、さまざまな魅力がわかってきて迷うこともあるかもしれません。
もちろん東大には、その他の魅力もたくさんあります。進学選択(進振り)もその一つです。
文系から医学部に進学する人もいれば、理系から経済学部に進学する人もいます。これは他大学にはほとんどなく、進路考慮の時間を与えてくれるという大きな魅力です。

ほかには、「東大は国家の研究費用の割り当ての三分の一ぐらいを占めている、よって研究環境がほかの大学よりも段違いによい」、「教養学部では本当に幅広い授業を受けられる」、「国際交流も充実している」などといったさまざまな魅力があります。

しかし、これらの魅力は、大学入学後に知ったものも多いです。
僕の場合は最終的に、常に持っていた強い憧れをそのまま原動力として、東大をめざしました。

文類の先輩の記事を読む文類の先輩の記事を読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 東大をめざした理由 理類:理科三類2 東大をめざした一番の原動力
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.