home

  • ログイン
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 東大をめざした理由 理類:理科二類 進学選択制度に感じた魅力

東大受験を乗り切るために 東大をめざした理由 理科二類
進学選択制度に感じた魅力

井上 優 さん
理科二類 入学
東京都 筑波大学附属高校 出身
2016年度 河合塾 秋葉原館 在籍高校グリーンコース
井上さん
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

私が東大をめざすことに決めたのは高校2年生の冬でした。

私が東大をめざすまで

高校に入った頃から漠然と国公立大学がよいと思っていましたが、高校2年生になるまで大学どころか文理も決まっていませんでした。高校2年生になる頃、進路を決めるためにさまざまな大学のパンフレットを見て、その中で農学部に興味を持ち、農学部のある大学にしようと決めました。

初めは東京を出てみたい、一人暮らしをしてみたいという軽い気持ちで地方の大学を考えていましたが、実際に駒場祭に行き、楽しそうにしている東大生を見て、東大もいいなと感じ始めました。そして志望校を決めるタイミングが近づくにつれ、一人暮らしの大変さを考えるようになり、東京にいるままでもよいと思って最終的に東大に決めました。

志望校を決めた当初はこの程度の理由しかありませんでしたが、そこから約1年間、東大をめざして勉強していく中で、東大への憧れは強くなっていきました。

私が勉強を続けられた理由

東大のことを調べ始めてまず魅力に感じたのは、進学振り分け(進学選択)の制度です。農学部に興味を持ち、進路を考えましたが、薬学部や理学部への興味が完全にないわけではなかったので、大学1、2年生でさまざまな分野のことを勉強したうえで進学する学部を選べる制度は自分に合っていると思いました。

そして東大をめざして勉強を続けられた一番の理由は、漠然と抱いていた、「東大生=かっこいい」というイメージでした。「日本一の東大で勉強して、サークルやバイトもして、友達と遊んで……という充実した生活を送るかっこいい東大生になるんだ」という思いを原動力にしていました。

こんなに辛いのにどうして東大をめざすのだろう

受験勉強の中で、つい周りの友達と比べてしまい、どうしてこんなに辛いのに東大をめざすのだろう、と自分に疑問を感じることもありました。そんなときは東大生になった自分をイメージして、実現させようという思いを強くして踏ん張りました。

結果的に今は、あのとき逃げなくてよかった、自分の憧れを捨てずに頑張ってよかったと思います。

東大をめざす理由は人それぞれ違うと思います。しかし、どんな理由であっても、東大に入りたいと感じた自分の気持ちを大切にして、その目標の実現に向けて頑張ってほしいと思います。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 東大をめざした理由 理類:理科二類 進学選択制度に感じた魅力
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.