ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > スランプ脱出法 文類:文科三類 国語のスランプ原因と脱出法

東大受験を乗り切るためにスランプ脱出法(文類)
国語のスランプ原因と脱出法

N.S さん
文科三類 入学
広島県 ノートルダム清心高校 出身
2016年度 河合塾 広島校 在籍高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

わたしのスランプ脱出法は、自分を客観視することです。
わたしは高2生のとき、今まで安定して高得点が取れていた国語で急に点が取れなくなりました。今まで何もしなくてもできていたはずのことができなくなって、対処法も分からず、模試で国語の問題を目にするたびに、パニックになっていました。

スランプ原因の見つけ方

「自分だけではどうにも改善できない」と感じたため、高校の先生に相談しました。先生に今の状況を話していくにつれて、一人で悩んでいたときにはまったく気づかなかった問題点が明らかになっていきました。

具体的には、私はかなり感覚的に問題を解いていたため、高2生になって模試の難度が上がり、その感覚が通用しなくなっていたこと、今までの模試ではかなり早く解き終わってしまい、問題をじっくり解くということをしていなかったことなどです。

問題点がわかってからは、国語の問題を解く際には、もっと時間をかけて問題文を読むこと、解答を作成するときは感覚に頼るのではなく、論理的に思考し、根拠を明らかにして作成することを心がけるようにしました。
その結果、国語の点数も安定して取れるようになり、スランプを脱出することができました。

自分を客観視する方法

このように、スランプを脱出するには自分の問題点を洗い出すことが大切で、そのためには、自分を客観視することが必要だと思います。しかし、実際にスランプに陥っているときは、そのことばかりに気を取られて、なかなか自分を冷静に客観視することは難しいかもしれません。そういう場合には信頼できる先生などに相談するのがおすすめです。

実際に自分の困っていることを口に出してみると、一人では気づかなかった問題点に気づくことができますし、それを踏まえて先生から適切なアドバイスもいただけるので一石二鳥だと思います。

また、自分のできていないことを紙に書き出してみるのも、自分の問題点を可視化でき、自分を客観視することにつながるのでおすすめです。

スランプに陥ってしまうと、何をやってもうまくいかず、焦ってしまいますが、そんなときこそ、冷静になり、基本に立ち返ることが何より重要だと思います。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > スランプ脱出法 文類:文科三類 国語のスランプ原因と脱出法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.