ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > スランプ脱出法 文類:文科一類 基礎から見直してスランプ脱出!

東大受験を乗り切るためにスランプ脱出法(文類)
基礎から見直してスランプ脱出!

三枝 駿介 さん
文科一類 入学
千葉県 渋谷教育学園幕張高校 出身
2015年 河合塾 津田沼校 在籍高校グリーンコース
三枝さん
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

今日は「スランプ脱出法」についてお話しします。

英語でつまずいた高3の春

僕は、高3の1学期に模試の成績が全体的に伸び悩んでいました。特に、今までよかった英語が得点源でなくなったのを覚えています。

僕はその頃、英検準1級に受かったばかりだったこともあり、英語ではなく苦手だった数学や国語の勉強に多くの時間を割いていました。
そのうちに、模試だけでなく高校の定期試験でも平均点ギリギリぐらいまで下がってしまいました。

先生に相談しても、これといった解決方法は見つかりませんでした。
原因はわからないままでしたが、夏休みは数学と国語の基礎力養成に努め、秋以降勉強しなくても何とかなる状況を作ろう、そして秋から英語にも勉強時間を割こうと決めました。

基礎から見直してスランプ脱出!

それでは、実際に僕がどうやって英語を元の水準の成績に戻したかについてお話しします。

単語をやらないと長文が読めなくなる

秋から英語に時間を割き始めたとき、基礎からやり直しました。基礎に戻ろうと思ったのは、親からの指摘がきっかけです。

以前から親に「単語をやらないと長文が読めなくなる」と言われていて、最初は「単語だけやっても何も生かせない」と思い、反発していました。
しかし、実際に成績が下がり、模試の分野別得点率でも単語の部分が著しく悪いと気づいたため、単語を含めた基礎に戻ることに決めました。

まずは、「単語」を覚えることから始め、単語帳を繰り返しやり、知らない単語を減らしていきました。
今までは、「単語だけ覚えて何になるの?」と思っていたこともあり、単語帳にまったく手を付けていませんでした。そのため、難しい単語が出てきたときに推測で読むことが多くなり、正確な解釈ができなくなっていました

ネイティブの先生に英作文をチェックしてもらう

単語を固めた次は、英作文に取り組みました。
ネイティブの先生に添削をお願いすることで、「使える慣用表現」「細かい文法の違い」など、日本人だと見落としてしまいそうなことにも注意することができました。

この2つをやった結果、英語の成績は、センター試験で約9割、二次試験でも半分が取れるまで回復しました。

僕に限らず、スランプに陥っているときは、基礎にたくさん時間をかけて克服していくと脱出できることが多いと思います。頑張ってください!

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > スランプ脱出法 文類:文科一類 基礎から見直してスランプ脱出!
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.