home

  • ログイン
HOME > 受験対策 > 私の東大受験レポート > 文類:文科一類 さまざまな不安に負けないために

文類:文科一類 さまざまな不安に負けないために

T.M さん
文科一類 入学
大阪府立北野高校 出身
2011年度 河合塾 大阪校 在籍 大学受験科

二次試験1日目

二次試験1日目のスケジュール

  • 1日のスケジュール試験
  • 1日のスケジュール自習
  • 1日のスケジュール睡眠
1日のスケジュール
  • ※日程・時間は受験時のものです。

会場に着くまで

私は試験1日目の前日14時ごろに、新幹線で品川駅に到着しました。
ホテルに荷物を置いてすぐに、受験会場の駒場キャンパスまで下見に行きました。道のりと所要時間のチェックをした後は、キャンパス内のベンチに座って自分が4月から東京大学に通うイメージを膨らませました。
時間にしてわずか10分ぐらいでしたが、1年間頑張ってきたことを思い出して明日は全力を尽くそうと気持ちを新たにしました。

そのように気持ちを整えたにも関わらず、就寝するとき不安に苛まれました。「センター試験だって前日の夜が一番緊張したじゃないか。夜も眠れないぐらい緊張する勝負に挑めて幸せだ」と自分に言い聞かせてどうにか眠りにつきました。

起床してからもやや不安がありましたが、朝食にホテルの食堂へ行くと、私と同じく顔に緊張を浮かべた受験生がたくさんいて少しホッとしました。
受験会場の駒場まで1時間ぐらいかかる品川のホテルに宿泊していたことと、試験開始1時間前には到着したいことを考慮して7時半にはホテルを出ました。

会場に着いてから試験中・試験の合間

試験会場に着いてすぐにトイレの確認にいきました。というのも、試験中にトイレに行きたくなった際に「どこに行けばよいのか分からない」となって、自分にさらなる不安を与えたくなかったからです。
緊張をごまかすためにチョコレートを食べながら何も考えないようにボーっとすることを心がけました。廊下に溜まって15人ぐらいで試験の話をしている人たちを見ると、自分が情報面で不利な気がしてきますので、教室内に留まることも意識していました。

そうこうしているうちに1時間目の国語が始まり、一心不乱に問題を解いているうちに解答用紙が回収されました。
昼休みは、塾の友達と3人で外の空気を吸ってリフレッシュしながら手早く食事を済ませました。一番自信がなかった数学を控えているということで、口数も少なかったです。
食後は、「難問にあたったときに眠気に揺られて諦めてしまう」などということを防ぐために、受験会場で目をつむって休んでいました。

試験終了後

数学が望外に解けたので油断したくなりましたが、明日難問にあたったときに潔く捨てるためのよい条件ができたと捉えるよう心がけました。
夜は、試験の疲れもあってぐっすり眠れました。

二次試験1日目のアドバイス

「朝食のときに周りを見渡してみるとほかの人も不安げに見えて少しホッとした」と言いましたが、これはほかの場面でも使えました。
試験直前の解答用紙が配られてからの、あの緊張のときに周りの人を見渡してください。きっと、あなたと同様不安げな受験生が目に飛び込んでくるでしょう。

また、最初の試験科目である国語を受験する前に、身近な人々に感謝してみてください。あなたが東大受験の二次試験に挑めているのは、間違いなく両親や周囲の人のおかげです。
「その人たちのために合格しなきゃ」などと気負うことはありません。しかし、「自分は周りの環境に恵まれているんだ。ラッキーだ!」と考えるだけで試験に向かう力が湧いてくるでしょう。

1日目の夜の過ごし方ですが、勉強したい人はすればよいし休みたい人は休めばよいと思います。そこで大切なのは、明日の自分のベストコンディションを整えることです。それを念頭に置き、自分にとって最善の過ごし方を見出してください。

二次試験2日目

二次試験2日目のスケジュール

  • 1日のスケジュール試験
  • 1日のスケジュール自習
  • 1日のスケジュール睡眠
1日のスケジュール
  • ※日程・時間は受験時のものです。

会場に着いてから試験中・試験の合間

前日たどった道を思い出して迷わないようイメージした甲斐もあって、1日目より20分も早く試験会場に到着しました。
しかし、トイレを確認する必要もなく時間を持て余したうえに、その間に不安が押し寄せてきました。
頭の中で地図記号の復習をしてみたのですが、「思い出せない物がある」などと不安が膨らむばかりでしたので、1日目と同様に目を閉じて何も考えないようにしました。

試験自体は、地理・歴史は例年より易化したこともあり気持ちよく問題を解き切ることができましたので、上機嫌で昼休みを迎えました。
お昼休みは、できるだけ長くリスニングに時間を割いて、最後まで万全の準備をし、自分に自信を持たせることに徹しました。
例年通り英語の形式が新しいパターンになっていましたが、確実に点になる文法・和訳・英作文でしっかり点数を確保することに集中しました。

試験終了後

試験終了後に正門で配られている解答速報を受け取り、見込み通り数学を二問完答できていたことが分かって安心しました。
一刻も早く実家に帰りたいと思いながら新幹線に飛び乗ったことまでは覚えていますが、その後はぐっすり眠ってしまいあまり覚えていません。

二次試験2日目のアドバイス

地理・歴史の試験前、中途半端な時間ができたときにかなり不安に苛まれたのですが、そういうときに気持ちを紛らわせる方法をもっと考えておくべきでした。
「夜はどうせ寝るだけだろうし試験前にガッツリ確認したい内容もない」と、東京に筆箱以外の勉強道具を何も持っていきませんでしたが、こういうときに備えてもう少し勉強道具を持っていくべきだったと思います。

私の友人には「1年間使い込んだテキストを試験前に眺めて自信をつけた」という人もいました。人それぞれでやり方は千差万別ですが、自分にあった緊張と向き合う術を今から準備してください。
単純な学力をつけるだけでなく、試験当日でいかにして力を出し切るのかを工夫することも受験対策の一環です!

HOME > 受験対策 > 私の東大受験レポート > 文類:文科一類 さまざまな不安に負けないために
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.