ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 私の東大受験レポート > 文類:文科三類1 一切自習しないと決めた理由

私の東大受験レポート文類
一切自習しないと決めた理由

H.S さん
文科三類 入学
秋田県立秋田高校 出身
2011年度 河合塾 本郷校 在籍大学受験科

二次試験1日目

二次試験1日目のスケジュール

  • 1日のスケジュール試験
  • 1日のスケジュール自習
  • 1日のスケジュール睡眠
1日のスケジュール
  • ※日程・時間は受験時のものです。

会場に着くまで

僕は浪人時の1年間を東京の河合塾の寮で過ごしました。1日目の朝は、寮の食堂も普段と違って緊張感が漂っていました。
校舎には、よくほかの寮生と一緒に通いましたが、さすがにこの日は時間帯は一緒でも別々に会場へと向かいました。

現役時の受験では迷ったりはしないかなどの不安を感じましたが、浪人時の2度目の受験はそういった不安もなく、落ち着いて会場入りできました。
万が一、電車の遅延などがあっても大丈夫なように、かなり早めに寮を出ました。

会場に着いてから試験中・試験の合間

2度目の東大受験に際して、僕は試験の2日間はあえて参考書などは見ないように決めていました(もちろん、前日までは時間の許す限り勉強しましたが)。直前になってわからない部分を発見して、落ち着きや集中力が乱れてしまうことが不安だったからです。

待機中は、試験問題を順調に解く自分をイメージしたりして、メンタルができるだけ良い状態で試験に臨めるように心がけていました。
試験の合間も、これまた勉強はしませんでした。主に音楽を、それも特にお気に入りの数曲だけをチョイスしたプレイリストを聞きながら過ごしました。もちろん緊張はしましたが、緊張が原因で集中できなかったということはまったくありませんでした。

試験終了後

寮に帰った後も次の日に向けて参考書を開いたりなどはしませんでした。ゆっくりとお風呂に入って、早めに就寝してしまいました。
その日の夕食は、食堂のおばさんたちが消化によいようにとお粥を作ってくれていて、それがありがたかったのを覚えています。

二次試験1日目のアドバイス

「試験当日は教科書や参考書で勉強をしない」とあらかじめ決めていました。主な理由はメンタルを良い状態に保って試験に臨むためです。
もちろん、当日に最後の追い込みをしないことに対して不安はありました。しかし、試験の前日までに予定の分量がきちんと終わるように学習計画を立て、前日の時点で「よし、完璧だ」と思えるまで直前期に勉強していましたので、当日は自信を持って試験に臨むことができました。

1日目は2日目以上にメンタル作りを重視しましたが、これは1日目に気分が下がってしまうと2日目に影響してしまうだろうと思ったからです。
当日は国語・数学ともに予定どおりにでき、一応満足のいく形で2日目に移れましたが、万が一うまくいかなかったときはしっかり気持ちを切り替えることができるよう心の準備もしていました。

「勉強は一切しない」といった極端なことはしなくてもよいですが、当日は「気持ちを作る」ことを特に意識することをおすすめします。前日まではきっちりと計画を立てて満足のいく準備をし、当日は、音楽を聴くでも使い込んだ参考書やノートをぱらぱらとめくるでも、なんでもよいので自分なりのリラックスできる方法を実践するとよいと思います。

二次試験2日目

二次試験2日目のスケジュール

  • 1日のスケジュール試験
  • 1日のスケジュール自習
  • 1日のスケジュール睡眠
1日のスケジュール
  • ※日程・時間は受験時のものです。

会場に着いてから試験中・試験の合間

2日目も、1日目と同じく参考書は開かず、試験の合間に音楽を聞いたり、この日はお気に入りの小説を軽く読んだりなどして、とにかくコンディション作りに終始しました。
イメージトレーニングももちろんやり、日本史・地理選択の社会の試験前には、大問を解く順番や1問にかける時間などを特に念入りにイメージしていました。

順番や時間のイメトレをしたのは英語も同様です。地理で予想していなかった問題が出たり、英語で形式が若干変わっていたりしましたが、イメトレが功を奏したのか落ち着いて対処でき、時間も少し余裕を残して解ききることができました。

試験終了後

読んでくださっている皆さんには大変申し訳ないのですが、2日目の試験後は、安堵と疲れのためかどのように過ごしたのかほとんど覚えていません…。
多分ですが、すぐに帰寮して自室で思い切り休んでいたと思います。
試験直後は、緊張の糸が切れ、とにかくほっとしていたことを覚えています。

二次試験2日目のアドバイス

メンタル作りを重視したことは1日目と同様ですが、時間配分についてもお話ししたいと思います。
1日目ももちろんそうでしたが、2日目は特に事前に立てた時間配分を忠実に守ることを意識しました。2日目の地理・歴史や英語は、僕にとって1日目の国語・数学と比べて試験時間が逼迫していて、時間が足りなくなることが心配だったためです。

以下、当日の時間配分について簡単にご紹介します。
日本史・地理選択は、世界史の大論述(大問1)のような問題がないため、各大問にかける時間を均等にできることが特徴です。僕は、日本史は15分×4問、地理は20分×3問でとりあえず計120分(かなり余裕が出る計算ですが、実際にはとんとん拍子に行くことはなく、もう少し時間がかかりました)という配分をし、日本史の大問1、地理の大問1、日本史の大問2…というように、日本史と地理を交互に解きました。
英語も、各大問を解く順番、かける時間などをあらかじめ考えて臨みました。

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 私の東大受験レポート > 文類:文科三類1 一切自習しないと決めた理由
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.