home

  • ログイン
HOME > 受験対策 > 東大生のおすすめ勉強法 > 時間の使い方 CASE2 部活がハードでもできる両立方法

東大生のおすすめ勉強法:参考書活用術 CASE2 補助教材を選ぶ際のコツ

文科一類 T.Mさん

今回のテーマは、時間の使い方です。ここでは主に部活との両立や、電車での移動時間の使い方に触れたいと思います。

部活との両立

私は高校時代、平日は夕方6時まで1日合計5時間の部活に加え、夜9時から週に2回テニススクールにも通っていました。休日は、午前か午後半日の練習がありました。
このため、部活を引退するまでは塾に通う時間はありませんでした。

このような自分の状況を考慮して、土日の夜に数学や化学の演習問題、英語や古文の予習をまとめてやり、平日の夜は地歴、化学、古文といった好きな教科の復習をしていました。

定期テストなどは、「演習や予習をする中で出た疑問点は授業中に解決する」という方法で乗り切っていました。
しかし今から考えると、もっと授業後の復習に力を注いでいれば基礎力が固められて、高3生になって英単語のような初歩で苦労しなかっただろうと思います。

平日の勉強は具体的には、帰宅して食事と入浴後は夜9時まで寝た後に勉強というスタイルを取っていました。そのため、起きやすいように好きな教科ばかり勉強していました。

今から見れば、「ここで英語などにも、もっと時間を割いていれば…」という反省点はあります。しかし、好きな教科だけでもしっかり勉強していたことで、「高3生になってからすべての教科をイチから勉強する」という展開にならずにすみましたので、自分の選択は、ベストではなかったにしてもベターだったと思います。

部活などで疲れ切ってしまう人は、私のように好きな教科だけでも勉強しておくと後で楽かもしれません。ただし、好きでない教科はまったく勉強しなくてもよいというわけではありませんので、体力に余裕があるときにしっかり問題演習をするなどして、補ってください。

電車の中での時間の使い方

私は読書や睡眠にあてていました。
読書は、塩野七生の『ローマ人の物語』シリーズや司馬遼太郎といった歴史物が中心でした。これは案外、世界史の勉強に役立ったりしました。

HOME > 受験対策 > 東大生のおすすめ勉強法 > 時間の使い方 CASE2 部活がハードでもできる両立方法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.