ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 東大生のおすすめ勉強法 > 勉強継続法 CASE11 勉強したくない4つの原因と対処法

東大生のおすすめ勉強法勉強継続法 CASE11
勉強したくない4つの原因と対処法

理科二類入学 井上さん

受験勉強をしていると、なぜか勉強がはかどらない、成績が伸び悩んで勉強したくない、などモチベーションが下がってしまうことがあると思います。
そんなとき、どうやってやる気を回復して勉強を継続していけば良いか、私のおすすめの方法を紹介します。

やる気が出ないときは目標を再確認

まず一つ目は、目標を再認識することです。「どの大学で、どの学部で、どんな勉強をしたいのか」、改めて目標を見つめ直すと、そこに向けて頑張ろうと、やる気を持ち直すことができます。

私の場合は、よく東大のパンフレットを読んで、東大に入りたいという気持ちを強くし、合格するには今きちんと勉強しないと、と思って、モチベーションを上げました。

また、大学生の先輩の話を聞いたり、大学のキャンパスを見に行ったりするのもよい刺激になります。私も志望校に悩んでいたとき、実際にキャンパスに行きました。キャンパス全体の雰囲気や、学生の様子を見ることで、大学生活のイメージをつかむことができ、志望校選びに役立ちました。

不安や焦りには原因を書き出す

二つ目は、不安要素や、やらなければいけないことを書き出すことです。成績が上がらない、計画通りに進まないといったときや、漠然とした焦りや不安で勉強が手につかなくなることがあると思います。

そのときは、何が不安でモチベーションが下がっているのか、何をいつまでにやらなければいけないのか、などを整理すると、勉強の指針が立って取り組みやすくなります。

受験勉強に飽きたら短期目標を立てる

三つ目は、短期目標を立てることです。受験本番がまだ遠くて実感がわかなかったり、単調な日々に飽きてしまったりしたら、1週間や1カ月ごとの短期目標を立てることをおすすめします。

期間内に何をしたら良いか、何ができるようになりたいか、こまめに目標を立てると勉強の習慣がつき、飽きずに取り組み続けられると思います。

苦手科目でやる気をなくした場合の対処法

最後に、苦手科目の取り組み方についてです。苦手科目は、勉強すること自体が苦痛で、勉強しても模試などで成果が出ないとさらにやる気がなくなる、という悪循環に陥りがちです。
私も数学が苦手で、この悪循環に何度もはまりました。

そんなときは焦らずに、まず基本的な問題から確認しましょう。どの科目も、基本的なことを道具に、それらをどれだけ使いこなせるかが大切になります。

また、苦手を克服しようと努力することが一番大切ですが、同時に得意で苦手をカバーすることも大切です。苦手科目の勉強に疲れたら、得意科目の勉強に移って、気分転換してみるのもよい方法です。

モチベーションが下がってしまったとき、これらの方法のどれかが役に立てば嬉しいです。自分にあった方法を見つけて活用してみてください。

『東大生のおすすめ勉強法』の他のテーマを読む『東大生のおすすめ勉強法』の他のテーマを読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 東大生のおすすめ勉強法 > 勉強継続法 CASE11 勉強したくない4つの原因と対処法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.