home

  • ログイン
HOME > 受験対策 > 東大生のおすすめ勉強法 > 集中法 CASE8 毎日集中するのは無理です

東大生のおすすめ勉強法:集中法 CASE8 毎日集中するのは無理です

理科三類入学 J.Yさん

いかに集中力を持続させるか、ということは受験生にとっては大事な問題です。
毎日の勉強中に「テスト時と同じくらい、集中力を保つことができればなあ……」というのは、誰しもが思うことでしょう。
しかし、テスト時の集中力を毎日の勉強中に常に発揮することは、まず無理です。

状態を整える

普段の集中力は、気持ちや環境など、さまざまなものが絡んできうるので一概にどうこうと言うことはできません。
とはいえ、今は気持ちが乗らないなど、「集中力が保たないな」と自覚できているときは無理に勉強することはないと思います。

休憩をとったり、悩みと向き合い解決したりして、よりベストな状態で勉強したほうが、効率は何倍も良いでしょう。

勉強へのアプローチを用意する

それでもなぜか集中が続かない、というときを、必ず何回も経験すると思います。
そうしたときは、自分なりの対処方法を用意しておきましょう。

たとえば私の場合、「国語の勉強をしていて集中力が続かなくなったら、一旦中断して数学のやりたかった問題を解く」、「何も勉強したくないけど自習室にいるという場合には、イラストつきの化学の資料集をパラパラ見る」、などのように、いくつかのアプローチを持っていました。

時間にとらわれすぎない

思い切って勉強する場所を変える、というのも大事な手です。
家から多少離れた自習室や図書館に行くのは、時間がもったいないと思うかもしれません。しかし、長時間60%の集中力でだらだらと勉強するよりは、短時間90%の集中力を発揮した方が効率がよいし、精神的にも充足感があります。

勉強で大事なことは、いかに結果を出せる勉強をするかであって、時間は単なる1つの要素にすぎません。あまり時間にとらわれすぎないよう、気をつけるべきです。

深夜の勉強には注意

最後に、「深夜の方が集中できる」という人もいると思います。
試験のときは集中できるから大丈夫だと考えているかもしれませんが、試験は昼間ですから、必ずどこかしらで影響が出てきます。それだけは直すべきでしょう。

HOME > 受験対策 > 東大生のおすすめ勉強法 > 集中法 CASE8 毎日集中するのは無理です
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.