ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 東大合格者の過去問活用法 > 二次試験 理類:理科一類4 過去問の添削と分析で得点アップ

東大合格者の過去問活用法二次試験(理類)
過去問の添削と分析で得点アップ

坂井 郁哉 さん
理科一類 入学
神奈川県 栄光学園高校 出身
2016年度 河合塾 横浜校 在籍大学受験科
坂井さん
大学受験科(高卒生対象)
再スタ-トする高卒生を東京大学"合格”へと導く河合塾のコース

過去問はいつから、何年分解いたか

私が東大二次試験の過去問を解き始めたのは、高3生の夏休みが終わったあたりからです。

夏休みまでに、東大即応オープンや河合塾のテストゼミなどで、どのような問題が出題され、どのような解答用紙であるかは知っていました。

ですので、過去問では問題形式に慣れるというよりも、「実際に自分はどのくらいまで解けるのか」ということと、「本試験で求められているものは何か」ということに気をつけていました。

分量としては、私はとにかく演習量を増やしたかったので、25カ年分の過去問集を買い、現代文以外の科目は粗方解いてしまいましたが、量自体はそこまで必要ではなかったかもしれません。

過去問を解く際のポイント

解くにあたっては、解いた問題は、少なくとも3回以上は復習し、同様なタイプの問題では絶対に失点しないように心がけました。

また、英語や古文などの記述が多い科目は特に、自分で答え合せをするよりも、河合塾の講師などに頼んで必ず添削をしてもらいましょう。
記述に関しては、英作文について考えればわかると思いますが、ただ答えを見て納得してもあまり意味がありません。

自分の書いた答えを、力がある人にきちんと添削をしてもらい、どの部分が良く、どの部分が良くなかったかをしっかり分析することが、得点を上げる大きな一歩になると思います。

過去問を解き終えてしまったら

過去問を十分に解き終えて、解くものがなくなってしまった場合は、模試の過去問に手を出してみるのもよいかもしれません。実際、私も東大対策模試の過去問を解きました。

東大対策模試の過去問集には、講師の方々によるとても詳しい解説が載っています。二次試験の過去問をこなすことができるほどの実力ならば、模試の過去問からもさまざまなものを吸収できると思います。

過去問集がない科目はどうするか

地学など、過去問集が販売されていない科目を選択している場合、過去問を個人で集めるのは大変だと思います。その場合は高校の先生や塾の担当講師などに協力してもらいましょう。

地学は特に過去問演習が重要な科目だと思っています。東大の地学の問題は個性的で、他の大学の過去問を解いても、天文分野などはあまり練習にはならないという面もあります。
できるだけ多くの東大の過去問や東大対策模試の過去問を解いて、先生や講師などに記述の添削をしてもらいましょう。

文類の先輩の記事を読む文類の先輩の記事を読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 東大合格者の過去問活用法 > 二次試験 理類:理科一類4 過去問の添削と分析で得点アップ
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.