ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 模試の復習法 > 文類:文科二類 復習は感覚が残っているうちに

模試の復習法文類
復習は感覚が残っているうちに

T.M さん
文科二類 入学
東京都 麻布高校 出身
2013年度 河合塾 秋葉原館 在籍高校グリーンコース

模試は受験時点での自分の実力を明確にする効果があり、非常に重要です。
しかしそれ以上に、模試の成績に一喜一憂せず復習を大切にしてください。

復習のやり方

復習は解けなかった問題のみでよいと思います。なぜなら受験のみを目標にすれば、点が上がりやすい部分を勉強したあとに点の上がりにくい部分の勉強をする方法が、最も効率的で合格可能性を最大化するはずだからです。

ただ、「模試の自己採点はできる限り厳しくつけるべき」という考えを持ったほうがよいです。中途半端な理解は採点者からの評価が低くなる傾向がありますし、あともう少しの努力で高い評価に達することができるからです。

僕の場合は、「模試で結果が悪かったときは復習する気がまったく起きず、1カ月ほど手を付けない」といった悪い習慣がありましたが、これは避けたほうがよいと思います。
模試は解き終わった直後が最も解答の際の感覚が残っていますので、復習が容易です。

英語・数学の復習法

英語や数学は解答・解説をしっかり読み、模試が終わった後に何度も解くことをお勧めします。僕の場合は入試直前期まで、1カ月に一度くらいの頻度で解き直していました。
解き方が瞬時に思い出せるようになるまで、何度も繰り返して復習しましょう。

国語・社会の復習法

国語と社会については解答作成者や採点者によって評価が大きく異なるため、模試の結果はそれほど気にする必要はありません。
むしろ解答・解説をしっかり読んで、文章の組み立て方や基礎的な知識を参考にするとよいでしょう。
模範解答や採点基準はあくまで一つの指標に過ぎないと認識し、「今まで自分が解いてきた自分好みの解答方法を無理に変える必要はない」と自信を持ってください。

僕の場合、国語では文章全体の流れを把握するために解答・解説を使い、歴史は解答・解説で時代の流れや予備知識を得ました。これらは1カ月に一度など、日を置いて何度も確認していました。

二回目以降の復習は、さらっと読むだけで十分感覚を養えると思います。
僕の場合は、このような復習法が功を奏したと思います。

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

模試で見つけた弱点を克服しよう!模試で見つけた弱点を克服しよう!

模試で見つけた弱点は、きちんと学習指針を立てて対策することが大切です。
河合塾の東大対策授業・講習などを活用して弱点を克服し、得点力をアップしましょう!

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 模試の復習法 > 文類:文科二類 復習は感覚が残っているうちに
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.