ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 模試の復習法 > 文類:文科一類2 間違えた部分から自分の苦手探し

模試の復習法文類
間違えた部分から自分の苦手探し

三枝 駿介 さん
文科一類 入学
千葉県 渋谷教育学園幕張高校 出身
2015年 河合塾 津田沼校 在籍高校グリーンコース
三枝さん

みなさん、こんにちは。今日は模試の復習法についてお話しします。
僕は中学受験のときから模試の解き直しが嫌いだったのですが、高3になってようやく、「間違えたものを潰した方が効率が良い」と気づき、取り組むようになりました。

分野別得点率から苦手を見つけよう

模試の結果が返ってきたとき、合格判定はあまり見ませんでした。
注目したのは「分野別得点率」というものです。

分野別得点率は、全国平均から見て自分がどの位置にいるかを示すものなので、自分の苦手が分かりやすくなっています。そこで分かった苦手を重点的に勉強し、次の模試を受け、得点率が一番低いものを勉強することを繰り返すうちに、苦手を少しずつ潰すことができました。

それに、分野別得点率だけ見るようにすれば、成績の良し悪しは気にならなくなるので、過剰に一喜一憂したりしないですみます。

東大即応オープン(模試)の添削サービスを活用しよう

東大即応オープン(模試)では、受けた後に送られてくる「添削課題」を必ずやっていました。自分の苦手な分野が割り当てられるうえ、添削が丁寧でわかりやすかったのでおすすめです。
また、東大即応オープンの問題自体が東大入試形式にあわせて作られているので、試験会場で解くだけでなく、家でもう一度落ち着いて解くと力がつきます。

復習ノートで派生事項までまとめよう

また、模試の復習ノートも作っていました。このとき、ただ解説をまとめるだけでなく、教科書や資料集を利用して派生事項もまとめていました。

模試ノートを作っておくと、模試の休憩時間や電車に乗っている間にも読めるうえ、自分の苦手がすべて詰まっているのでおすすめです!
特に、教科書を読みながらやると、自分の知識があいまいだったところを見直せるのでさらに効果的になります。

模試の解き直しはあまりうれしいものではないと思いますが、多くの場合、間違えた部分は自分が苦手としている部分です。
みなさんもぜひ、模試の解き直しをして、苦手科目の克服と得意科目の向上につなげましょう!

先輩が受けた模試一覧

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

模試で見つけた弱点を克服しよう!模試で見つけた弱点を克服しよう!

模試で見つけた弱点は、きちんと学習指針を立てて対策することが大切です。
河合塾の東大対策授業・講習などを活用して弱点を克服し、得点力をアップしましょう!

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 模試の復習法 > 文類:文科一類2 間違えた部分から自分の苦手探し
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.