ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 模試の復習法 > 文類:文科三類3 模試の復習に強弱をつける方法

模試の復習法文類
模試の復習に強弱をつける方法

M.T さん
文科三類 入学
東京都 出身
2017年度 河合塾 本郷校 在籍大学受験科
M.Tさん

最初の見直しは受験直後がおすすめ

模試の復習法について、一度目の見直しはなるべく受験直後にすることをおすすめします。私は点数が気になる気持ちもあり、必ず受験日の夜か翌日には自己採点と見直しをしていました。

どこに時間を使ってしまったのか、どの選択肢で迷ったかなど、解いたときの記憶が残っているうちに自己採点をすることで、正しい時間の使い方や正解の導き方における改善点が自然と見出せると思います。

復習に強弱をつける方法

もちろん時間をおいて何度も模試を解き直すことも有意義だと思いますが、実際に模試ラッシュの時期には数々の模試の受験だけで体力、精神的にも精一杯になってしまうと思いますので、私はミスの種類により復習方法に強弱をつけるのが効果的ではないかと思います。

私の場合は、ケアレスミスやあと一歩で解けた問題、時間配分に気を付ければ得点できたはずの問題は、直後の復習で洗い出し、次の模試で同じミスをしないようにメモなどに残しておきました。

逆に、時間があったとしても解けなかったような知識不足が原因の問題については、時間をおいて復習する意味があるので、第1回東大即応オープン(模試)で間違えた問題を第2回の前にもう一度見直すなどしました。

また、河合塾講師による映像解説講義( 東大・京大即応オープン プレ学習・解説講義)は要点が押さえられていて、非常にためになったので、不安な分野に関してぜひ利用すべきだと思います。

模試の結果の受け止め方

次に、模試の結果の受け止め方についてです。
現役時代は模試の判定に一喜一憂していましたが、浪人してから正直判定は関係ないということにやっと気がつきました。

模試でたまたま出題範囲の兼ね合いで高得点が出たり、思うような点が取れなかったりすることは大いにあり得ます。ですから、成績がギリギリだったからといって、可能性を否定する必要はまったくないと思います。

特に現役生は、成績が不安定だと焦りや不安が募ると思いますが、悩んでいる暇があれば少しでも地歴などの知識を詰めるべきということに尽きます。

東大のボーダー層は厚い

東大入試のボーダー層は厚く、合格ライン上下5点の間にも大人数がひしめき合っています。当然、その中には大きな実力差は存在しないでしょう。
ですから、模試で受験者の上位に位置している人は、もっと貪欲に点数を取りに行って順位アップをめざすとモチベーションになると思います。

私は浪人時代に成績が安定してからは、順位をしっかり見て自分の立ち位置を認識するとともに、受験者の点数分布や偏差値を確認することで、本番でどこまでのミスがフォローできるのか、どこからが合否に関わる致命的失点になるのかを考えていました。
そうした余裕を持てると、本番に想定外のミスをしてしまっても、落ち着いて立て直しができると思います。

先輩が受けた模試一覧

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

模試で見つけた弱点を克服しよう!模試で見つけた弱点を克服しよう!

模試で見つけた弱点は、きちんと学習指針を立てて対策することが大切です。
河合塾の東大対策授業・講習などを活用して弱点を克服し、得点力をアップしましょう!

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 模試の復習法 > 文類:文科三類3 模試の復習に強弱をつける方法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.