home

  • ログイン
HOME > 受験対策 > 夏期講習の効果的な受け方

講習の効果的な受け方

長期休みには、高校や塾で講習を受ける機会が多くあると思います。
夏期講習の効果的な受け方をご紹介します。

講習を受けるメリット

夏は受験生にとって、志望大学合格を左右する非常に大切な時期です。これまでの学習内容の中で消化しきれていない科目・分野などを残してしまっている方も多いのではないでしょうか。
そして、夏はまとまった時間がとれる最後の機会です。夏期講習を有効に活用して、効率的・集中的に学習に取り組み、充実した夏を過ごしましょう。

高3生のスケジュール

高3生のスケジュール

講習でできること

  • 苦手分野、不安な単元を集中的に学習して基本事項からしっかり補強できる
  • わかりかけてきた分野・単元をさらに強化し、自信につなげられる
  • 志望大学の対策を通して、到達レベル(=目標ライン)を意識できる
  • 充実した学習時間と学習の質を確保できる
夏期講習の効果的な受け方

東大生が教える夏期の効果的な過ごし方

東大の過去問を夏休み前に1年分解いて、問題形式を知る

文科一類入学 T.Mさん

東大の問題形式を知らない場合は、まず夏休みスタートまでに最低1年分の過去問を絶対解いておきましょう!
その際、自信を喪失すると思いますが、現時点では歯が立たなくて当然です。
気にしないようにしましょう。

模試を分析して計画を立てる

文科三類入学 K.Mさん

まず、夏休みが始まる前にしっかりと計画を立てることが重要です。計画を立てる際に目安となるのは、模試の成績と、夏休みに実施される河合塾の「東大即応オープン」をはじめとした東大対策模試の実施日です。
模試の成績を分析して、英国数のどの科目のどの「分野」が苦手で、どれが得意なのか把握しましょう。そして苦手分野を中心に、3~4日ごとの教科別学習計画を立てましょう。

東大対策模試を中心にする

理科一類入学 S.Kさん

夏の一大イベントは「東大即応オープン」をはじめとした東大対策模試です。この模試を中心に過ごしましょう。
ポイントとしては模試までに1学期の復習を終わらせること。1学期と夏休みで受験の「基礎」を身につけてしまうことが大切です。同じ問題でよいので、何度も解くことをおすすめします。

講習を完璧に吸収する

理科三類入学 J.Yさん

せっかくとった講習です。夏期講習の予習・復習は、完璧にしましょう。
完璧にするとは、数学ならば「扱った問題は瞬時に解法が思い浮かび、類題を解いたときもこの問題を思い出せる」ぐらいが目安です。英語でいえば、「扱った文法を全部暗記し、文章もすべて説明できる」レベルにしておくことです。
夏期講習には、予備校が練りに練った問題が集約されています。それを網羅しないのは、あまりにももったいないです。

おすすめ受講プラン

それでは、具体的に講習をどのようなペースで受講すればよいのでしょうか。
河合塾のおすすめプランを見てみましょう。

東大理類志望者のおすすめプラン

2ターム 3ターム 4ターム 5ターム
3限   東大国語 東大理類数学 東大地理
4限 東大英語
(要約・和訳
・総合)
  トップ理系数学
(図形的思考の
整理)
 
5限 東大化学 東大英語
(LC・作文
・文法)
   
  • ※タームとは、河合塾における、講座の設置期間を意味します。基本的に5日間で1タームとなります。
  • ※時間割はイメージです。

※この受講プランは関東・甲信越のものです。
他エリアについては、こちらから「おすすめ受講プラン」をご確認ください。

東大文類志望者のおすすめプラン

2ターム 3ターム 4ターム 5ターム
3限     東大古典 東大文類数学
4限 東大英語
(要約・和訳
・総合)
東大世界史 東大地理 東大現代文
5限   東大英語
(LC・作文
・文法)
   
  • ※タームとは、河合塾における、講座の設置期間を意味します。基本的に5日間で1タームとなります。
  • ※時間割はイメージです。

※この受講プランは関東・甲信越のものです。
他エリアについては、こちらから「おすすめ受講プラン」をご確認ください。

受講のポイント!

東大合格のためには、二次試験で要求される、高いレベルの記述力・論述力を磨くことが大切です。
「東大対策講座」を中心に受講し、さらに「強化講座」で分野別の対策を行いましょう。「センター試験対策講座」でセンター試験対策も万全に!

高1・2生は「ONE WEX講座」で思考力養成

単なる知識にとどまらない、論理的思考力・答案作成力を身につけることが必要な東大入試。東大入試を分析し尽くした特別な講座で、「合格力」を伸ばしましょう。
「ONE WEX講座」は、「東大」「京大」「医学部」志望者のためにつくられた特別カリキュラム・専用テキスト・実戦テストで、高度な思考力を養成できます。

夏期講習の効果的な受け方

東大即応オープン

東大受験を考えているのなら、8月・11月に実施される「東大即応オープン(記述・論述式の模試)」受験は必須です。東大志望者の大半が受験しますので、現在の自分の位置がわかるだけでなく、受験後の学習指針も見えてきます。

実際に東大に合格した先輩たちには、この模試を夏休みの軸として計画を立てた、という人も少なくありません。ただ受けるのではなく、万全の準備を整え、東大即応オープンに臨みましょう。

理科一類入学 S.Kさん

僕は、多くの受験生と一緒に制限時間内で問題を解く場である模試を、「本番の緊張感の中で実力を発揮する練習」と位置付けて受けていました。
緊張感を持たせるポイントとして、自分で合格点を決め、少しでも多く点を取ることを意識して受験しました。

文科三類入学 K.Mさん

東大対策模試は返却後もそのままにはせず、1カ月後や二次試験が近づいたときなどに、問題用紙のメモを一旦全部消して、もう一度本番のつもりで解きました。
初めて解いたときよりもスラスラと解けるはずなので自信につながるとともに、自分がきちんと復習できていたかどうかが確認できます。ぜひ試してみてください。

第1回東大即応オープン
HOME > 受験対策 > 夏期講習の効果的な受け方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.