ここから本文です。

東大生が実践した科目別攻略法東大世界史

文科二類 M.Tさん

東大世界史の特徴と攻略法

東大世界史には、他の大学の世界史試験にはない特徴が3つあります。

  • (1)細かい知識を問うのではなく、歴史の因果関係を理解しているかを問う
  • (2)その因果関係を巧妙にまとめて表現する力が要求される
  • (3)問題文や指定語句等により、解答の方向性が比較的明確に示される

(1)については、もちろん基本的な知識は必要ですが、私立大が要求するレベルの知識は必要ありません。それよりも、因果関係――歴史の流れを理解しているか否かに重点が置かれています。
このことから、精密な用語集や事実の羅列のみ記述する参考書よりも教科書を読むことをおすすめします。

教科書は一見無味乾燥でつまらないものに思えますが、歴史の流れを理解するためには有用です。また、最低限の字数で書かれているため、(2)で要求される表現力を鍛える際の参考にもなります。

ただし、教科書は1冊ではなく数冊(少なくとも2冊)は手元に置いて使用してください。1冊では不足している内容に気づけなかったり、異なる視点から歴史を眺めることができなくなったりしてしまいます。必ず複数の教科書を使いましょう。

私のおすすめの教科書は、『世界史B』(実教出版)です。この教科書は、地域と時代ごとに分かりやすく記述が区分されつつも、しっかりとその相関関係に言及しています。そのうえ、欄外に書かれている情報は、論述問題を解く際に役に立つことが多い有用なものばかりです。
今、皆さんが使っている教科書の補助として使うことを強くおすすめします。

論述のコツ

私が本格的に世界史に触れ始めたのは、高校2年生の頃でした。
その頃は、基本事項の暗記と事実の順番の確認を重点的に行っていました。それで高校のテストは点数が取れていたものですから、自分は世界史が得意だと思い込んでいました。

しかし、高2生の終わり頃に初めて東大入試の問題に触れたことで、自分の考えの甘さに気づきました。
論述というものは、歴史の因果関係を完璧に捉える「神の視点」にならなければ書くことができない、ということを学んだのです。

それからは、教科書を一から読み返し、論述問題を何度も解きなおし、論述に慣れることに努めました。
いくら知識と理解があっても、神の視点になるには「慣れ」が必要です。どんどん問題を解いて、教員や講師に添削やアドバイスを求めるようにしてください。

最後に

あまりにも当たり前のことですので最後に少し言及するだけですが、一つ示しておくべきことがあります。

それは、「問題文で要求されたことに答える」ということです。神の視点をめざすのは、入試の問題文に解答するためです。しかしそれを見失い、単なる自己表現を行う人はよくいるのです。

東大世界史は、問題文の趣旨と指定語句から、ある程度いかなる解答が望まれているのかは予測できます。
「どのような解答を、東大は望むのか?」ということを常に意識しながら、解答を行ってください。

やや抽象的な話がメインになってしまいましたが、機会があればまた具体的な話をしていきたいと考えています。

それでは、皆さん頑張ってください。

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.