ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 夏休み攻略大作戦!−夏休みの過ごし方− > 文類:文科二類1 大学の情報も集めよう!

夏休み攻略大作戦!文類
大学の情報も集めよう!

T.M さん
文科二類 入学
東京都 麻布高校 出身
2013年度 河合塾 秋葉原館 在籍高校グリーンコース

夏休みの学習計画

計画を立てるときのポイント

僕は高校の講習も塾の講習も受けずに、一人で勉強することにしていたため、自由に勉強の計画を立てることができました。
しかし、計画通りに勉強が進まなくなると、そのまま勉強のリズムが崩れてしまい、はかどらなくなってしまいました。

ですので、高校や塾の講習がある場合には必要最小限でよいので講習を取り、ペースメーカー代わりにすると勉強がよりはかどると思います。

学習計画表

  • 学習計画表授業・夏期講習など
  • 学習計画表自習
  • 学習計画表模試
学習計画表

1日のスケジュール

1日のスケジュール

夏休みの過ごし方

各科目について、アドバイスしていきたいと思います。

英語

時間が十分に取れていた場合は、既に東大英語の過去問をほとんど解けるようになっているはずです。夏休みには速読を重視して取り組んでみてください。
英語はとにかくたくさんの文章を読むことが成長のカギです。
そのほか、音読して発音を鍛えるとリスニングが上達します。

数学

解答の記述に少しでも不備が見つかった場合は不正解とみなす厳格さが大切です。
解けなかった問題は何度も繰り返して復習してください。その際は、解説書を参照して複数の解法を心に留めておくようにしましょう。

東大合格のためには基本的な問題が取れれば十分です。ですので、「簡単なレベルの問題文は見た瞬間に解法の手順を思い浮かべられる」くらいが望ましいです。

各予備校が出版している参考書の中で、使用することで最も効果が表れる教科は数学です。
過去問の復習が終わったら参考書に手を付けるのもよいと思います。

世界史・日本史

世界史・日本史は、教科書よりも通史の参考書を読んでいました。初めて参照する本として、教科書はあまりに膨大な内容でしたので、簡単な通史を理解しづらかったからです。
通史を理解したあとに、詳しい資料集や教科書を読んでいきました。
一問一答は持っていましたが、あまり使いませんでした。

東大対策模試・イベント

東大即応オープンなどの模試は勉強のモチベーションとなりますが、僕の場合は模試のために勉強の長期的スケジュールを変えることはしませんでした。
模試は、終わったらすぐに厳しく自分の解答を評価し復習をするとよいと思います。
僕の場合は模試の結果が悪かったときに復習を後回しにしていましたので、結果的に効率が悪くなってしまいました。

また、勉強ばかりに集中せずしっかり大学の情報を集めることも重要です。
大学の情報を早めに集めなければ、大学に入っても目標のない生活を送ることになってしまいます。それに、大学生活を想像することで勉強する意欲も増すはずです。

僕は夏休みには留学情報について調べたり、国際交流サークルの高校生向けイベントに参加したりしていました。そして今、そのサークルに在籍しています。

勉強のリズムが狂わない範囲で、大学入学後を意識した情報収集もぜひ行ってください。

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

河合塾の夏期講習はこちら!河合塾の夏期講習はこちら!

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 夏休み攻略大作戦!−夏休みの過ごし方− > 文類:文科二類1 大学の情報も集めよう!
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.