ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 夏休み攻略大作戦!−夏休みの過ごし方− > 文類:文科一類2 得意科目をつくり苦手は講習で克服

夏休み攻略大作戦!文類
得意科目をつくり苦手は講習で克服

三枝 駿介 さん
文科一類 入学
千葉県 渋谷教育学園幕張高校 出身
2015年度 河合塾 津田沼校 在籍高校グリーンコース
三枝さん

夏休みの過ごし方

皆さんこんにちは! 今回は僕が夏休みをどう過ごしたかについてお話します。

英数国の基礎を完成させよう!

僕は夏休みを利用して、数学と国語について基礎を完璧にすることを目標にしました。
この時期に得意科目になるものがほしかったので当時上り調子だった数学と、あとは苦手だった国語に時間を多くとりたかったからです。

数学は、高校の夏期講習で発展的な内容を扱ったものを取るとともに、市販の典型問題集もレベルの高いものにして応用力をつけました。
苦手な国語の現代文は河合塾の「東大現代文」を受講して記述力を鍛え、添削で減点されたところをしっかり見直すようにしました。古典は、高校の教材を使って文法や句形の総復習をし、基礎を固めていきました。

その結果、第1回東大即応オープン(模試)で数学は高得点が取れ、総合判定でもA判定まであと一点というところまでいくことができました。
また、模試の手ごたえが悪かった英語の要約問題は、講習で先生の添削を受けながらやり方を覚えていきました。その結果、2回目の東大即応オープンでは得点源の一つまで伸ばすことができました。

社会の論述対策も少しずつ始めよう!

社会も夏から知識を覚えるのと同時に、高校の講習を利用して論述対策を始めました。知識が心配だったので、教科書を見ながら論述を書くようにしたところ、知識を定着させつつ論述に必要な論理構成力、表現力を身につけることができたのでおすすめです。

また、東大即応オープンの後は、社会で自分に足りなかった要素はどこなのか、問題の読み違いのせいか知識不足かを分析して、のちの勉強につなげていました。

短い時間で充実した勉強をする習慣

そのほか勉強以外にも、高校最後の文化祭の準備などもしていました。
それらにも時間を割きたかったので、短い時間で充実した勉強をする習慣がつき、2学期以降の勉強にも集中して取り組むことができました。
また、高校の自習室で勉強していると、クラスメートと言葉を交わしたり、わからないところを教えあったりできたので、友情も深まったかなと思います。

皆さんの夏休みが有意義なものになることをお祈りしています。頑張ってください!

先輩が実際に立てた夏休みの学習計画

計画を立てるときのポイント

苦手な国語と得意な数学、配点が高い英語を中心に勉強していく計画にしました。
国語は、採点がつく河合塾の「東大現代文」を受講し、採点のポイントを聞きました。他の科目もフェロー(※)を利用したりして、主に記述問題の対策を中心に行いました ※フェロー:河合塾が校舎に配置している、専門の学習指導員(配置状況は地区によって異なります)

学習計画表

学習計画表
  • ※1タームは基本的に5日間、ターム開始から次のターム開始までの期間はおよそ1週間です。
  • ※講習名は、現在のものと異なる場合があります。

1日のスケジュール

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表自習
  • 学習計画表睡眠
1日のスケジュール

先輩が受講した夏期講習

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

河合塾の夏期講習はこちら!河合塾の夏期講習はこちら!

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 夏休み攻略大作戦!−夏休みの過ごし方− > 文類:文科一類2 得意科目をつくり苦手は講習で克服
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.