ここから本文です。

HOME > 受験対策 > どう解く? 時間配分 > センター試験 文類:文科三類2 マークミスが防げる解き方

どう解く? 時間配分センター試験(文類)
マークミスが防げる解き方

K.M さん
文科三類 入学
茨城県立土浦第一高校 出身
2011年度 河合塾 松戸校 在籍大学受験科

国語

タイムスケジュール


※試験時間・出題内容は受験時のものです。

ポイント

国語は、焦りが禁物
余裕をもって解くことができないと、いつもなら解けるような問題も間違えてしまいかねません。私は現役時にセンター国語で大失敗してしまいましたので、二度目のセンター試験は、しっかりと準備をして臨みました。

まず、一番得意で解きやすいと感じていた漢文を最初に解いて勢いをつけます。そして、まだ時間に余裕がある段階で落ち着いて評論を解き、そのまま小説にうつります。最後に読む分量が少ない古文をもってきて、時間配分通りにいかずに残り時間が少なくなった場合にも、素早く解けるように備えました。
最後の10分は、見直しと、「どこかの問題でつまずいて予定通りの時間内で解けなかったとき」のための予備としてとっておきました。

英語

タイムスケジュール


※試験時間・出題内容は受験時のものです。

ポイント

英語は問題数が多いものの、東大志望の受験生にとっては、難易度は高くないと思われます。

私の場合は、第一問から第六問までリズムよく順番通りに解いていき、しばらく迷ってしまうような問題に直面したときは、とりあえず一つを選び問題番号に大きく丸をつけて次に進むようにしていました。分からないからといって飛ばしてしまうと、マークシートがずれる可能性が高くなるので、なるべく避けるようにしました。問題数の多い英語でマークシートがずれるのは、大打撃です。

最後の25分を見直しと予備時間とし、一通り見直したあと、迷ってしまった問題や不安な問題に取り組みました。最後5分になったら、また一通り見直して間違いがないようにしました。

数学IA

タイムスケジュール


※試験時間・出題内容は受験時のものです。

ポイント

私は数学が苦手でしたが、特に数学IIBの方が難易度も高く、得点が難しかったため、数学IAをどうにか最後まで解ききることを目標にしました。

各小問ごとに時間の区切りをしっかりとつけ、時間内に終わらない場合でも次に進むようにしました。問題数としては少ないですが、記号問題や、数字や記号を1つだけいれるような問題は、分からなくてもその時点でベストだと思う解答を記しました。
数学は、1つの問題でいくつもマークすることが多いので、マークシートのずれに特に注意しましょう。一つ一つ確認しながら塗るようにしてください。

数学IIB

タイムスケジュール


※試験時間・出題内容は受験時のものです。

ポイント

数学IIBについては、私はなかなか時間内に解くことができませんでした。ですので、最初から見直しの時間を設けずに、第一問から順番に解くようにしました。
最後に見直しの時間がない分、一問一問マークシートの記入ミスがないか確認しながら記入していきました。

また、2,3分のずれは許容しましたが、時間内におさまらない場合は、基本的に飛ばして次の問題に移りました。時間との勝負ですので、特に数学を苦手だと感じている人は、「これはすぐに解けるか、それとも時間がかかるのか」を見極める力が大切だと思います。

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > どう解く? 時間配分 > センター試験 文類:文科三類2 マークミスが防げる解き方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.