ここから本文です。

HOME > 受験対策 > どう解く? 時間配分 > センター試験 文類:文科二類 たった一つのマークミス対策法

どう解く? 時間配分センター試験(文類)
たった一つのマークミス対策法

M.T さん
文科二類 入学
東京都 海城高校 出身
2014年度 河合塾 池袋教室 在籍MEPLO

国語

タイムスケジュール


※試験時間・出題内容は受験時のものです。

ポイント

センター試験の漢文は、文章が平易で問題も知識問題と文の流れを把握できる問題が多いので、あまり時間をかけることなく解いてしまいましょう。

その後は得意分野から順に解いていき、時間を見つつ時間をかけるべき部分にかけていきましょう。ただし、古文の知識問題については、時間をかけて思い出そうとしても、忘れてしまうような知識を本番中に簡単にひっぱり出せることはまれなので、ある程度の潔さは求められます。

逆に言えば、漢字以外の知識問題がない現代文に関しては、大きく時間を割いても損にはなりにくいです。ただ、大問ひとつを15分以下で対応するのは非常に難しいため、長くとも30分くらいで1つ目の大問を完成させるよう心がけましょう。

英語

タイムスケジュール


ポイント

これまでに二次試験の勉強が順調に進んでいれば、センター試験レベルの英語は簡単に読み進めることができると思います。しかし、センター英語の量はなかなかに多いですので、上手く問題をこなせる訓練をある程度積んでおいても損はしません。

僕は、英語はリズムよく解いて流れに乗りたいと考えていましたので、前から順番にどんどん解いていきました。後から戻ると混乱しやすいのが、自分で分かっていたためです。
ちなみに最後の見直しはどこを見直すのかというと、第2問が最優先です。第2問は試験が始まってすぐに解く問題ですので、焦ってケアレスミスをする可能性が高いからです。

そして、次に見直しをするのは、第6問です。第6問は最後に解くため気が緩みやすく、危険だからです。皆さんも最初と最後に気を付けて見直しをしましょう。

数学IA

タイムスケジュール


※試験時間・出題内容は受験時のものです。

ポイント

センター試験の数学IAは、得意分野・不得意分野などを作らずに全問正面突破するくらいの気概を持って、しっかり準備して挑みましょう。
ただし、どうしても解けない、思い出せないという部分があった場合には潔くあきらめて次に行き、後で見直すという戦法もありです。

数学IAは、「前準備ではネチネチと、本番ではさっぱりと」という鉄則を忘れないようにしましょう。

数学IIB

タイムスケジュール


※試験時間・出題内容は受験時のものです。

ポイント

数学IIBともなると、さすがに「すべての出題科目をまんべんなく解けるようにする」のは難しいかもしれません。そのため、日々の過去問演習を通して、自分に最適な時間配分を見つけておくことが重要です。

その際、自分が苦手だと感じる分野は、捨てるのではなく時間を多めに確保するように心がけましょう。
センター試験において苦手分野を分野ごと切ってしまうのは得策ではありませんし、時間を取っておくことで、その問題に太刀打ちできなかったとしても他の問題の見直しなどにあてることができます。

私はベクトルの問題の完答率が他の分野と比べて圧倒的に低かったので、本番ではベクトルを最後に回し、半分解答した後に見切りをつけて見直しに入りました。

マークシートの確認

ポイント

マークシートの記入漏れや、それが原因でズレてしまうことは恐ろしいことです。しかし、たった一つだけ効果的かつ効率的な対策方法があります。

それは、普段の過去問演習のときも、本番と同じ解答用紙を使うことです。「なんだ……」と思った方はご用心、これは相当に重要なことなのですから。

特にマークシートの記号が特殊である数学に関しては、手間を惜しんで「答えを直接問題に書き込む」などというやり方をしていると、本番で間違える可能性が大きく上がります。
普段から本番に近い形で演習を行うことが大切です。

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > どう解く? 時間配分 > センター試験 文類:文科二類 たった一つのマークミス対策法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.