home

  • ログイン
HOME > 受験対策 > 東大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(英数国):今からできる知識のストック法

東大生に聞く! 高1・2生がやるべきこ 高1生・高2生の勉強法(英数国) 理科一類
今からできる知識のストック法

Y.O さん
理科一類 入学
東京都 東京学芸大学附属高校 出身
2013年度 河合塾 あざみ野館 在籍大学受験科
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

高校1、2年生というと、部活や遊びが生活の中心になりがちですが、受験に向けて動き出さないといけない気はしますよね。では、どのように過ごせばよいのか、私の体験も踏まえて考えてみます。

高1生の勉強法

私は1年生のころ、部活や行事ばかりに力をいれて、勉強をほとんどやらずに過ごしてしまったので、後で取り返すのがとても大変でした。
ならば、1年生のときに何をすればよかったのか?
それはズバリ、定期テストの勉強だと思います。

定期テストを重視する理由

「1年生で受験対策なんて想像もつかない」「先取りも難しい」という方は多いでしょう。
しかし、定期テストなら範囲も決まっていて、習ったことが出ますから、勉強しやすいのではないでしょうか。

私も2年生になってから志望校を東大に決めて、テスト対策を中心に勉強したことで、ぐんぐん力がつきました。
特に、英語・数学は満点をめざしましょう。

英語の定期テスト対策法

英語は、教科書を丸暗記する勢いでよいと思います。教科書のCDがあるならそれも使って、単語だけでなく文全体を頭にいれます。
これはテストの点を取るためだけでなく、単語や構文の正しい使い方が身につくうえ、短文をストックしておくと東大入試の英作文を書くときに重宝します。

テスト期間は、このような教科書重視の勉強でよいですが、普段は自分の単語帳を毎日続けることが大事です。どんなに頑張っても、英単語は、継続することでしか身につきません。できる限り早くから始めましょう。

数学の定期テスト対策法

数学は、高校でもらう問題集をとにかく何周もやりこんで、習った定理、公式、数式変形などを自由に使えるようにします。
1、2年生の数学は、入試では道具として使われます。入試問題の解法の糸口を見つける方法は、受験対策のときに身につければよいので、今は単元ごとのパターンを知っておくだけで十分です。

国語の定期テスト対策法

国語は、勉強の仕方が難しいと思いますが、古文の知識や漢文の句型を習った範囲で覚えておくくらいでよいと思います。

1年生の間は、テスト対策と英単語や高校の復習、宿題を中心とした基礎的な勉強でよいと思いますが、2年生はステップアップして、徐々に入試も意識していきたいですよね。
2年生の後期くらいからは、センター試験の過去問をやってみましょう。

センター試験の過去問を解いてみよう!

英語・数学・国語なら、習った範囲でできる問題が多いはずです。英語・数学は9割、国語は7割を目標として取り組んでみてください。

また、英単語に加えてリスニングも、テスト前だけでなく毎日10分でもよいのでやりましょう。リスニングはリーディングのように返り読みできず、スピードも相手に合わせるので、英文を読むのが速くなるうえ、日本語に訳さなくても英語で理解する力が付き、英語全般の能力が上がりますので、かなりおすすめです。

塾と高校を両立しよう

「塾の勉強を優先して、高校の授業を内職や睡眠に充ててしまう」という人がいますが、高校の授業にも、無駄なことはありません。

塾で習ったことの確認にもなりますし、一見入試には出そうもないマニアックな知識も、ほかの知識を理解したり覚えたりする役に立つことがあります。
実験なども面倒くさいかもしれませんが、自分でやってレポートを書いた実験に関することは、教科書で習うよりずっと覚えていられます。

ただし、高校の勉強だけでは入試対策に苦戦することも事実です。塾と高校、それぞれの強み・弱みを理解したうえで、どちらも活用しましょう。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース
HOME > 受験対策 > 東大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(英数国):今からできる知識のストック法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.