ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 東大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(英数国):定期テストだけの勉強に要注意

東大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと 高1生・高2生の勉強法(英数国)
定期テストだけの勉強に要注意

T.T さん
文科二類 入学
愛知県 滝高校 出身
2014年度 河合塾 千種校 在籍高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

東大受験において、文系・理系を問わず最も重要であり負担が重い科目は英語と数学です。そのため高1生・高2生の間に、英数のうちどちらかを東大受験レベルに仕上げることを大きな目標にするとよいでしょう。
そうすることで高3生になって本格的な受験勉強を始めるとき、勉強しなければいけない科目が減って気が楽になります。

私は高1生の頃はあまり勉強していませんでした。塾の予習・復習を怠り、高校の定期テスト前に一夜漬けのような暗記をするだけでした。それゆえ、模試や実力テストでの成績はふるわず、定期テストの成績も下降傾向でした。

高1生・高2生の英語の勉強方法

危機感を覚えた私は、高2生の初め頃から本格的に、受験を見据えた学習を始めました。
具体的には、塾の予習・復習を学習の中心として毎日最低2時間は勉強するようにし、私は英語の方が得意だったので、まず英語を徹底的に学習しました。

河合塾のテキストの問題は高2生にとっては難度が高いものが多く、私もかなり苦労しました。しかし良問ぞろいですので、時間に余裕がある高2生のうちに、じっくりと時間をかけて考えることで確実に成績は伸びます。
さらに塾の勉強と並行して、単語帳2冊と文法の問題集を仕上げて基礎を固めた後に、和訳の問題集で演習を積みました。

これらの結果、高2生の夏休みが終わる頃には、英語の実力に大きな自信を持つことができるようになっていました。

高1生・高2生の数学の勉強方法

数学は『チャート式問題集』(数研出版)を使って基礎固めをしていましたが、あくまで勉強の中心は英語と決めていたので、数学の勉強にはそれほど時間を使えませんでした。
そのため、高3生になってから数学にかなり時間を費やすことになりました。とはいえ、今度は社会の勉強の負担が重かったので数学の勉強が十分にできず、最後まで苦手なままでした。

高1生の頃から真面目に勉強していれば、数学も余裕をもって学習できたかもしれないと後悔しています。

高1生・高2生の国語の勉強方法

最後は国語についてです。英数に比べると優先度は落ちますが、現代文や古典を読解する基礎となる知識を早期に身につけることは重要です。具体的には評論文に特有の用語や古典文法、単語の学習です。

私の場合、評論文の用語は『ことばはちからダ!』(河合出版)という用語集を使って学習しました。一語一語に詳細な説明がされていているため、理解しやすかったです。

勉強したての人の注意点

勉強し始めたばかりの人に多く見られるのは、高校のテストで良い点を取ることだけに力を入れすぎるパターンです。この場合、自分の頭でしっかり理解して身につけることよりも試験範囲の内容を覚えるだけの勉強になってしまい、「学校の成績は良いものの模試等の点数が上がらない」ということになりがちです。

定期テストの勉強は短い間知識が身についていれば点数が取れるのに対し、受験勉強では長期間知識が定着している必要があります。東大に合格するにはその点を意識して、長期的なビジョンを持ってコツコツと知識を積み上げていくことが重要です。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 東大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(英数国):定期テストだけの勉強に要注意
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.