ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 東大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(英数国):英語・数学を苦手なままにしない方法

東大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと高1生・高2生の勉強法(英数国)
英語・数学を苦手なままにしない方法

M.T さん
文科三類 入学
東京都 出身
2017年度 河合塾 本郷校 在籍大学受験科
M.Tさん
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

高1、高2のうちにやっておくべき勉強で一番重要なのは、英語・数学の基礎固めだと思います。

文理科目の勉強バランス

高校に進学すると、自身の文理選択にしたがって文系・理系のどちらかに重点を置いた勉強を始める人も多いのではないでしょうか。しかし、東大受験を少しでも考えているならば、その勉強法は避けた方がよいと思います。

私立大志望であれば、受験科目に絞った勉強の方が効率的とも考えられますが、入試で多くの科目を課す東大受験の場合は、そうした偏った勉強法は効率を上げるどころか、かえってマイナスだと思います。

実は私もその失敗をした一人なので、これを読んでいる皆さんは文理科目をバランスよく勉強するよう心がけてほしいです。

文系選択をして苦手な数学がおろそかに

私の例ですと、大学受験を意識し始めた高校1年生の頃に迷わず文系を選択し、その後どんどん理系科目へのモチベーションが下がっていってしまいました。そのうえ、高1,高2の時期は部活動も忙しく勉強時間が少なくなっていたため、苦手な数学に取り組む時間がどんどん削られていきました。

その結果、高3に進級して東大受験を考えたときにも、数学は苦手科目として残っていました。英語は得意な方でしたが、東大をめざす文系生となると、英語ができるのは当たり前であり、数学が非常に足をひっぱりました。

英語・数学を苦手科目にしないために

苦手科目は誰しもあるものですが、あまりにも苦手を放置してしまうと本格的に受験勉強をスタートしてから本当に苦労します。特に英語・数学に関して苦手意識を持っている人は、少しでも軽減できるように高1,高2の段階で手を打っておくことが大事だと思います。

具体的には、私の周りでは高2の後半から高3の前半にかけて『チャート式 基礎からの数学』(数研出版)で数学の基本事項を総復習している人や、英語の文法書を読み直している人がいました。

このように、大きな苦手科目をつくらないように勉強できていれば、その時間を他の勉強や過去問演習に充てることができます。多くの人は高3の受験勉強の間も苦手科目の克服にかなりの時間を費やしていますので、差をつけることもできると思います。

国語の勉強法

また、英語・数学の基礎固めをすることが先決ですが、古典や現代文の知識を身につけておくことも、高得点をめざすためには必要だと思います。

古典の勉強法

まずは、古典についてです。古典は知識力と問題演習が点数に比例することが多く、勉強しやすい分野だと思いますので、文系の方は苦手を作らないよう、早めに古文の助動詞の知識や漢文の句形などを覚えるとよいと思います。
高3に入る前に基礎知識を定着させておくことで、高3以降は問題演習に移行することができます。

現代文の勉強法

次に、受験生になってからでは対策が難しいと言われがちな現代文についてです。
現代文は知識問題が少なく、古典に比べて対策がしづらい分野だと思います。参考書をやるにしても、どれを使うべきか迷うと思うのですが、私はセンター試験の過去問をベースに勉強していました。

理由は、センター試験の国語は問題形式が東大の二次試験と似ているからです。まだ過去問を手に取ったことのない高1,高2生の方は、ぜひ一度過去問を手に取り、解かなくてもいいので設問に目を通すだけでもしてみてください。

そうすると、センター試験も東大入試もとてもシンプルな2パターンの設問で構成されていることが分かります。
「~とはどういうことか」「〜はなぜか」という、傍線部の内容把握または、理由を問うものです。

これらの設問で求められているのは、傍線部を要約する力、そして傍線部とその前後の論理関係を把握する力だと思います。二つの試験に共通していることからも分かるように、この二つの力は現代文の基礎力だと思いますし、センター試験にかわる大学入学共通テストにおいても要請される基本スキルだと思います。

高校の授業など他の課題においても、この基本を意識して取り組むことで現代文の土台を固めることができると思います。

高1、高2の間は、なかなか忙しい時期だとは思いますが、隙間時間を見つけて基礎を固めておき、高3になったときに順調なスタートを切ることができるよう、がんばってください。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 東大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(英数国):英語・数学を苦手なままにしない方法
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.