home

  • ログイン
HOME > 受験対策 > 東大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(理社):センター科目対策はコツコツと

東大生に聞く! 高1生・高2生の勉強法(理社) 理科一類
「暗記」ではなく「考える力」を養う

井上 優 さん
理科二類 入学
東京都 筑波大学附属高校 出身
2016年度 河合塾 秋葉原館 在籍高校グリーンコース
井上さん
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

東大受験を考えるうえでの理科・社会の勉強法について、私の経験とあわせて紹介します。

まず受験に向けた本格的な勉強を始める時期について、私は高3が始まる頃でも良いと考えます。それ以前は高校の進度にあわせて、新しく習ったことを確実に身につけられるようにコツコツと勉強しましょう。

高1生・高2生の理科の勉強法

私は高2の冬まで、物理選択にするか生物選択にするか決めていなかったので、高校の授業でどちらも勉強していました。

理科の科目は互いに関わりがあり、受験で使わない科目でも知識を持っていると他の科目で役に立つことがあるので、早い段階で焦って受験に使う科目を選択して限定する必要はないと思います。科目の選択は、高2が終わるまでにすれば十分間に合います。

中間テスト・期末テストを目標に

高1・高2の間は、中間テスト・期末テストを目標に、単元ごとに勉強していきましょう。

私の高校は進度が遅く、心配になることもありました。結局、高3の冬に全単元を習い終えましたが、このような場合、高1生・高2生の間に習ったことをいかにしっかり身につけておくかが特に重要になります。
自分で暗記カードを作ったり、簡単な問題集を使ったりして中間テストや期末テストに備えましょう。

ただし、定期テストのために勉強すると、テストが終わってその単元に触れることがなくなった途端に忘れてしまいがちです。そのため、テスト後にテストの解き直しをすることを強くおすすめします。

高3になったときにスムーズに受験勉強に入れるよう、高1・高2のうちに知識を積み上げておきましょう。

高1生・高2生の社会の勉強法

文系・理系問わず、受験に使う科目が決まったら、早いうちに受験勉強を始めるにこしたことはありません。科目は自分が好きで、楽しみながら勉強できるものを選ぶのがおすすめです。

センター試験でしか使わない科目の勉強法

理系の場合、社会科目はセンター試験で1科目のみ必要になります。しかし1科目のみとはいえ、特に東大受験をする場合は科目が多いので、受験生になったときに社会科目にたくさんの時間を割くのは難しいです。
そのため高3になる前に参考書を読み物として読んでおくと、受験生になったときの助けになると思います。

私の場合、センター試験で使う科目を地理に決めたのは高2の秋くらいでした。科目を決めたらすぐに参考書を1冊買って、空き時間を見つけては少しずつ読み進め、何周か読みました。
センター試験対策は主に暗記なので、長い期間をかけてコツコツやっていくしかなく、1日にまとまった時間を取ってもはかどるわけではありません。

高1・高2のうちは受験も遠く感じ、特にセンター試験でしか使わない科目の勉強は軽視しがちです。ですが、高3になってから勉強を始めると、他の科目の足を引っ張ることになりうるので、早いうちから対策をしておきましょう。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース
HOME > 受験対策 > 東大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > 高1生・高2生の勉強法(理社):センター科目対策はコツコツと
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.