home

  • ログイン
HOME > 受験対策 > 苦手科目の克服法 > 理類:理科三類② ゼロから始めるリスニング

苦手科目の克服法 理科三類
ゼロから始めるリスニング

J.Y さん
理科三類 入学
東京都 駒場東邦高校 出身
2014年度 河合塾 あざみ野館 在籍 大学受験科

今回は、苦手科目である英語に僕がどう向き合って勉強したか、その結果どう英語力が変化したかをお話ししたいと思います。
僕の苦手分野は英語、その中でもリスニングと英作文でした。

リスニング

リスニングは、極めて苦手という人向けのお話になります。
僕は初め、いわゆる「まったく何を言っているか、ついていけない」くらいでした。いくら文法を完璧にしていても、リーディングスピードが速かったとしても、英語の音声に慣れていないと聞き取れないものだと実感しています。

「何を言っているか聞き取れない」ということで、聞くのも嫌になってリスニングと距離をとってしまうという人も多いと思います。しかし、そこで諦めずにリスニングを毎日20分でも取り組んでください。

これは僕の経験からもはっきりと言えることですが、毎日リスニングを続けていると、必ずブレイクスルーするときが来ます。それを信じて頑張ってください。
一度ブレイクスルーした後は、洋画を見たり、英語のニュースを聞いたりなどで英語の幅が広がって、さらなるリスニング力の向上が期待できます。

英作文

英作文の対策としてよく言われているのが、例文暗記だと思います。例文暗記をすることで典型的なフレーズを頭に染み付かせ、実践でその表現を使えるようにすることを目的としています。

しかし、例文暗記をすること自体が大変なうえに、暗記したものを適切なタイミングで使えるようにすることもまた、かなり大変です。よってあまり例文暗記はおすすめしません

英作文の勉強は、高校や塾で与えられた課題をしっかりこなすことで十分だと思います。長文などの英語を勉強をした時間に比例して、使えるボキャブラリーが増えますので、自然とよい文章が書けるようにもなっていきます。

英作文で大事なことは、正しい文法で筋の通った文章を書くことです。難しい表現は要りません。自分の使える文法の範囲内で、筋の通った文章を書きましょう。

苦手科目を克服しよう!

苦手科目は、きちんと学習指針を立てて対策することが大切です。
河合塾の東大対策の授業・講習などを活用して弱点を克服し、得点力をアップしましょう!

HOME > 受験対策 > 苦手科目の克服法 > 理類:理科三類② ゼロから始めるリスニング
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.