ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > センター試験 直前期編 文類:文科三類2 失敗しないためのセンター対策

冬休み・直前期攻略大作戦!センター試験 直前期編(文類)
失敗しないためのセンター対策

K.M さん
文科三類 入学
茨城県立土浦第一高校 出身
2011年度 河合塾 松戸校 在籍大学受験科

センター試験 直前期の学習計画

計画を立てるときのポイント

私は現役生のときにセンター試験で大失敗してしまい、それが尾を引いて不合格という結果に終わってしまいました。ですので、高卒生のときはその経験を活かして勉強をすすめました。
冬休みからセンター試験直前までは、河合塾の冬期講習で二次試験対策の講座をとり、その予習・復習をやる以外は、基本的にセンター試験の勉強をしていました。

学習計画表

  • 学習計画表授業・冬期講習など
  • 学習計画表自己学習
  • 学習計画表試験・模試
学習計画表
  • ※この計画表は高3生のときのものです。
  • ※1タームは基本的に5日間、ターム開始から次のターム開始までの期間はおよそ1週間です。
  • ※講習名は、現在のものと異なる場合があります。

1日のスケジュール

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表自習
  • 学習計画表睡眠
1日のスケジュール

センター試験 直前期の過ごし方

私は一年間浪人を経験しましたが、現役で受けたときは、「センター試験はなんとかなるだろう」とセンター試験に対してあまり真剣に対策を講じませんでした。そしてセンター試験で大失敗し、センター試験後も第1段階選抜が不安で二次試験対策が手につかず、二次試験を受けることはできたものの不合格という結果に終わってしまいました。

ですので、高卒生として迎えた冬休みからセンター試験直前期は、前年の失敗を生かして、センター試験対策に力を注ぎました。

12月中

まず12月中は、過去問をひたすら100点が取れるまで何度も繰り返し解きました。とりわけ苦手だった数学は、過去問以外にも過去に受験したマーク式の模試を出してきて、消しゴムで問題用紙への書き込みをすべて消して解き直しました。

自分の得意・不得意に合わせて、科目ごとに勉強量の調節もしました。どんどん時間がなくなっていきますので、日本史や世界史などの基本的には時間配分があまり問題にならない科目は電車での移動時間や休憩中にお菓子を食べながら、といった隙間時間で気楽に解くようにしていました。このとき、間違えた問題や不安な問題には付箋をつけてあとで見返しました。

時間配分が重要となってくる数学や化学、英語は試験本番を想定して毎回ストップウォッチで時間を計りつつ解きました。

冬休み後半

次に年が明け、センター試験が目の前となってきた時期について書きます。

私はそれまでの勉強で、「ある程度センター試験対策ができてきたな」と思えましたので、元旦は1日息抜きの日にしました。家族とおせち料理を食べたり、センター試験は運もありますので初詣に出かけて今年の受験がうまくいくように願い、学業成就の御守りを買ったりしました。
直前期にはメンタル面も重要になってきます。ここで一旦リラックスし、神頼みもして落ち着いて試験本番に臨めるようにしました。

翌日からは、河合塾の二次試験対策の冬期講習を受講しつつ、引き続きセンター試験の過去問を解いていきました。休みの日には、各大手予備校が出しているセンターパックを試験本番と同じ順番で解きました。

センター試験直前

冬休みが明けると、いよいよ河合塾の通常授業でもセンター試験対策のものが増えていきます。「受けて、復習する」というサイクルを繰り返しつつ、自分の苦手分野についてテキストを見直しました。そして直前にはセンターパックを再び試験本番同様に解きました。

センター試験の数日前からは、今までの間違えたところだけを復習し、試験当日に体調を崩さないように、体調管理に気を付けました。
前日には今まで自分が頑張ってきた証の、ノートや書き込みがつまったテキスト、教科書を見て、自信を持って試験本番に臨むようにしました。

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

河合塾の冬期・直前講習はこちら!河合塾の冬期・直前講習はこちら!

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > センター試験 直前期編 文類:文科三類2 失敗しないためのセンター対策
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.