home

  • ログイン
HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > センター試験 直前期編 文類:文科二類③ センター試験は甘くなかった

冬休み・直前期攻略大作戦! センター試験直前期編 文科二類
センター試験は甘くなかった

T.T さん
文科二類 入学
愛知県 滝高校 出身
2014年度 河合塾 千種校 在籍高校グリーンコース

センター試験 直前期の過ごし方

センター試験対策と二次試験対策のバランス

私は基本的に、冬休みも多くの時間を二次試験対策に割いていました。

東大の入試は二次試験とセンター試験の比率が4対1であり、二次試験が最重要だと言われているからです。
私自身、「最悪、センター試験で少しくらい失敗してもなんとかなるだろう」と考えていました。

また、マーク式模試では安定して高得点が取れていたため、センター試験対策はほぼ不要だと高をくくっていました。
そのため、冬期講習は二次試験対策の講座のみを受講し、本格的なセンター試験対策は試験本番の1週間前になってようやく始めました。

しかし、これは大きな間違いでした。

私はセンター試験本番で、普段の模試での得点と比べて、かなり低い点を取ってしまいました。第1段階選抜不合格は免れましたが、この失敗によって私は大変落ち込み、自分の学力への自信を完全に失ってしまいました。

なぜセンター試験で失敗したのか

私は、自分のセンター試験での失敗の理由は2つあると考えています。

1つは純粋な準備不足です。
センター試験を軽視し、自分の実力を過信していたと思います。英語に至っては過去問を1年分しか解きませんでした。

もう1つは、センター試験本番の問題には、いわゆる「センターレベル」を大きく超えた問題がしばしば出題されるということに対する意識の欠如です。
これに関しては、『東大合格者の過去問活用法(センター試験)』で詳しくお話ししたいと思います。

私立大対策

次に私立大の対策ですが、これも私はほとんど行いませんでした。

というのも、私立大の試験は、試験会場の雰囲気に慣れるための場として捉えていたからです。
東大に合格しなければ浪人するつもりでしたので、私立大は不合格であっても仕方がないと割り切ったつもりでいました。

しかし、結果的には合格したから良かったものの、もし不合格だったら、センター試験のときと同様に精神的なダメージを受けていたと思います。
私立大の対策もある程度はしておくべきでした。

精神的な影響はとても大きい

このように、冬休みからセンター試験直前期までの私の勉強には、失敗が多くありました。

東大受験生は概して、私と同様にセンター試験を軽視する傾向があります。
確かに、センター試験の結果が最終的な合否に与える影響は大きくありません。結局、私の場合もそうでした。

しかし、センター試験で思うように点が取れなかった場合の精神的な影響は、皆さんが思っているより、はるかに大きいものとなることを、自らの経験から保証します。
くれぐれも私と同じ失敗をしないようにしてほしいと思います。

センター試験 直前期の学習計画

計画を立てるときのポイント

冬休み中も高校の授業が5日ほどあったため、冬期講習の受講を最小限にして、自分の勉強をする時間を作りました。

内容面では、高校の授業がセンター試験対策だったので、自習では主に二次試験対策をしていました。自ら本格的にセンター試験対策を始めたのは、センター試験本番の1週間前で、これは遅すぎたと思います。

今振り返ると、「もう1週間前から始めていれば、過去問を全科目で10年以上はできたはずだし、センター試験の結果も違ったものになっていたかもしれない」と思います。
しかし、東大の入試は二次試験の結果の方がはるかに重要である、ということもまた事実です。

要するに、センター試験・二次試験の両方の勉強時間のバランスをよく考える必要があります。

学習計画表

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表自習
  • 学習計画表試験
学習計画表
  • ※1タームは基本的に5日間、ターム開始から次のターム開始までの期間はおよそ1週間です。
  • ※講座名は現在のものと異なる場合があります。

1日のスケジュール

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表自習
  • 学習計画表睡眠
1日のスケジュール
  • ※学習時間は、授業・講習を受けている時間を除きます。
HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > センター試験 直前期編 文類:文科二類③ センター試験は甘くなかった
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.