ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > 二次試験 直前期編 文類:文科三類1 直前期に意識すべき講習の取り方

冬休み・直前期攻略大作戦!二次試験 直前期編(文類)
直前期に意識すべき講習の取り方

H.S さん
文科三類 入学
秋田県立秋田高校 出身
2011年度 河合塾 本郷校 在籍大学受験科

二次試験 直前期の学習計画

計画を立てるときのポイント

センター試験以降は、二次試験本番を想定した演習を積極的に行いました。
科目ごとに、解く順番や大問ごとの時間配分などの戦略を決め、時間を計って過去問や模試本に取り組みました。
とはいっても、ただ演習をしていればOKというわけではありません。僕も解いた問題の復習には演習と同じくらいの時間をかけましたし、講習の復習もしっかりと行いました。

計画の立て方のポイントは、ただいたずらに演習を重ねるのではなく、時間を決めてコンパクトに演習を行い、そして復習の時間を確保できるような分量を設定することだと思います。

学習計画表

  • 学習計画表授業・直前講習など
  • 学習計画表自己学習
  • 学習計画表試験・模試
学習計画表
  • ※講習名は、現在のものと異なる場合があります。

1日のスケジュール

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表自習
  • 学習計画表睡眠
1日のスケジュール

二次試験 直前期の過ごし方

二次試験対策

二次試験の受験にあたって一番重要なのは、「解くときの順番や時間配分をあらかじめイメージ」しておき、なおかつ「当日イメージ通りに解くことができるように準備しておく」ことです。

このために必要な準備はズバリ、本番を意識した演習です。ここで重要なポイントは、過去問などで演習を行う際は、解きっぱなしにするのではなく復習に十分な時間をかけることです。
間違えた問題や、解答のポイントを網羅して記述できなかった問題は、

(1)解答に必要なポイントを箇条書きでまとめる
(2)ポイントを元に答案を書き直す(このときは、満点を取れるような答案をめざす)

というような手順でしっかり復習しましょう。
僕は、「もし同じ問題が二次試験で出たら、絶対正解する」という意気込みで取り組みました。

直前講習は数学と英語、解説講義付きの東大入試を予想したテスト(東大本番プレテスト)を受けました。やはりこの時期は演習と復習を学習のメインにしておきたかったので、同時に2つ以上の講習を受講しないよう、必要な講習に絞って受講しました。

また、スケジュール表には過去問やその復習しか記入していませんが、どの科目も過去問と平行してこの1年間河合塾で使ったテキストの復習も行いました。
特に二次試験の前日、前々日は新しい問題は解かず、これまでにやった内容の復習に終始するようにしました。

私立大対策

私立大は、早稲田大学の法学部のみ受験しました。
私立大対策とはいっても、私立大ばかりに気を取られて肝心の東大受験対策の方が疎かになってしまっては本末転倒ですので、過去問は2月に入ってから2,3年分解く程度で済ませました。

ですがこの場合も、本番ではどのような順番・時間配分で解くのかを考えながら取り組むようにしました。
「基本的な事項がしっかり身についていれば、どんな問題にもある程度は対応できる」というのが僕の持論ですので、あくまでも東大対策を優先して取り組むようにしていました。

実際、英語や国語は東大の問題がしっかり解けるような学習をしていれば、早大にも対応できると思います。
さすがに日本史は、東大と早大では形式がまるっきり違うので、ある程度時間をかけて対策を行うようにしました。

とはいっても、細かい人物名や事件名などの暗記はセンター試験対策と同時進行で行っていましたので、直前期の対策としては「東大の過去問の復習をする際に関連事項を教科書や参考書(僕は語学春秋社の『実況中継』シリーズを使っていました)で確認する」程度にとどめました。

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

河合塾の冬期・直前講習はこちら!河合塾の冬期・直前講習はこちら!

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > 二次試験 直前期編 文類:文科三類1 直前期に意識すべき講習の取り方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.