ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > 二次試験 直前期編 理類:理科一類4 答案作成力の磨き方

冬休み・直前期攻略大作戦!二次試験 直前期編(理類)
答案作成力の磨き方

坂井 郁哉 さん
理科一類 入学
神奈川県 栄光学園高校 出身
2016年度 河合塾 横浜校 在籍大学受験科
坂井さん
河合塾の冬期・直前講習(高校生・高卒生対象)
河合塾で合格力を高め、いざ本番へ!

二次試験 直前期の過ごし方

出願先の決め方

センター試験後、自己採点をして河合塾に提出することでセンター・リサーチの結果を見ることができます。センター・リサーチの結果をもとに東大の第1段階選抜の最低点をクリアできているか見極めましょう。

自分の得点が十分であった場合は特に気にすることもなく出願できますが、困るのは自分の点数が第1段階選抜の予想最低点付近だった場合です。このとき、どのように判断するかは自分が決めるしかありません。

個人的には、東大にこだわりたいなら点数を気にせず突撃した方が良いと思いますが、国公立大の前期試験は1校にしか出願できないことを考えると、一概に東大に出願するのが良いとはいえません。よく考えて出願先を決定しましょう。

センター試験と二次試験の違い

さて、センター・リサーチの点数が悪かった人は当然気が引き締まりますが、点数が良かった人も気をつけましょう。センター試験はどれだけ間違えないかという、ある種減点法的なテストであるのに対して、二次試験はどれだけ取れるかという加点法的なテストです。

求められている力が少し違うので、センター試験が良かったからといって二次試験も大丈夫とは限りません。

私の東大二次試験対策

私は二次試験の対策に、過去問や模試の問題を解いて答案作成力の強化に力を入れて勉強しました。この時期になってくると新たな暗記事項もほとんどないので、ひたすら問題を解いて問題に対するアプローチを自分に最後の最後まで染み込ませていくことが重要だと思います。

そこで、二次試験の直前期には、東大と名前のつく演習講義をすべて取り、問題を解きつつ解説を聞いて自分の使える力を洗練することに集中しました。
また、東大の試験時間は長く、試験の合間の休憩時間もとても長いので、どのようなタイムスケジュールになるのか理解しておく必要があります。それに慣れるために「東大本番プレテスト」を受けました。

私は地学選択のため、通常は地学がない東大本番プレテストは受けられないのですが、河合塾池袋校で地学選択者のための特別講座があったので、それに参加することで地学についても対策をすることができました。

私立大対策

東大の二次試験の前に私立大を受ける人も多いと思います。
私立大対策の勉強にどのくらいの時間を費やすのかは人によって変わってくるでしょうし、私は特に対策をしませんでした。しかし、せめて過去問を1年分は解くなどして出題のされ方を知っておけばよかったと思います。

二次試験 直前期の学習計画

計画を立てるときのポイント

この時期の勉強として重要なのは、新しい知識の獲得ではなく、自分の最終調整です。したがって、過去に自分がつくったノートを見返したりできるとよいでしょう。
それ以外の勉強としては、基本的に演習形式のものがおすすめです。直前講習や過去問、模試の問題を解きながら解答の書き方や答えへの導き方のパターンを復習するとよいと思います。

また、人によっては私立大の対策についても考えなければなりません。私は基本的に東大の勉強を優先しましたが、自信がない、もしくは落ちるわけには行かないという人は私立大への対策として過去問を数年分解くくらいは計画に入れておくと良いでしょう。

学習計画表

学習計画表
  • ※講習名は、現在のものと異なる場合があります。

1日の過ごし方

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表自習
  • 学習計画表睡眠
1日の過ごし方

文類の先輩の記事を読む文類の先輩の記事を読む

河合塾の冬期・直前講習はこちら!河合塾の冬期・直前講習はこちら!

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 冬休み・直前期攻略大作戦! > 二次試験 直前期編 理類:理科一類4 答案作成力の磨き方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.