ここから本文です。

HOME > 大学情報 > 東大生が語る 各キャンパスの魅力 本郷

東大生が語る 各キャンパスの魅力 本郷

東京大学には多数のキャンパスが存在しますが、なかでも代表的なものが駒場キャンパスと本郷キャンパスです。このコンテンツでは、現役東大生がそれぞれのキャンパスについてその魅力を語ってくれます。

本郷キャンパスってこんなところ

東大のイメージとそのままの建築物が魅力

理科一類 2年生 Kさん

赤門

赤門

駒場から電車を乗り継いで40分ほど離れた場所に存在するのが本郷キャンパス。こちらは3年生以降通うキャンパスになります。このキャンパスは、「東京大学」と聞いて皆さんが想像される「赤門」や「安田講堂」が存在するところで、このキャンパスに通い始めると、「『東大生』になったんだなぁ」と感じるといいます。

このキャンパスの特徴は、歴史ある建物と最先端の技術の詰まった研究施設です。駒場では一般教養の授業が多く、あまり専門的な授業はありません。しかし、この本郷キャンパスでは専門的な授業が中心となり、理系の学生は実験に追われます。その実験のためにさまざまな施設が存在しており、その技術や設備のレベルは日本一の大学と言われるにふさわしいものだと耳にしています(筆者はまだ駒場生のため伝聞ですが…)。

受験生にとっての東大のイメージはこのキャンパスの建物でしょう。このキャンパスでは毎年5月に五月祭が行われるほか、オープンキャンパスや大学案内が行われています。

このキャンパスに一度足を運ぶとモチベーションが上がるはずです。ぜひ一度、時間を作って足を運んでみてください。その労力以上のものが見つかるはずです!

歴史と最先端の調和が魅力

医学部医学科 5年生 Nさん

歴史と最先端の調和が魅力

山手線の内側という恵まれた立地のうえ、1つのキャンパスの面積としては、北大のキャンパスの次に大きな本郷キャンパス。3,4年生の学生および大学院生が中心のせいか、フレッシュさというよりも大人っぽさが感じられるキャンパスです。
就活に励む人、授業に励む人、実験に励む人、さまざまな人がいます。理系に限れば、大学院に進む人もかなり多いです。

各学部が立派な建物や研究棟などを持っているため、基本的にはその周辺ですべてが事足りてしまいます。ですので、他の学部との関わりは希薄になりがちに、逆に言えばその学部にどっぷり漬かることになります。

「赤門や安田講堂前を通ると、よく学校案内や修学旅行生に会う」ということもこの学校の特徴でしょう。何気ない場所に歴史的な物や建物があり、歴史と最先端の調和がいたるところで見られます。

赤門から東大病院の方に向かっていくと正面に東京スカイツリーも見え、東大病院前の通りは桜並木なので、隠れた花見スポットでもあります。
東大で授業を受けると、後日テレビでその教授を見ることが多々あることも、おもしろい点かもしれません。

五月祭に代表される懐の広さが魅力

文科一類 2年生 Mさん

安田講堂

安田講堂

進振り制度を乗り越えて無事に後期課程に進んだ3,4年生の大半が学部生時代の後半を過ごすのが、赤門や安田講堂で有名な本郷キャンパスです。

年に一度だけ、まだ進振りを終えていない2年生の筆者も深く携わるイベントが本郷キャンパスで開催されます。それは、五月祭という日本最大級の学園祭です(2013年の来場者数は12万人!!)。

新入生のクラスを始め、後期課程の学科やサークルも模擬店を出して非常に活況を見せます。また、安田講堂前を活かした特設ステージなども設置されてバンド演奏なども盛んに行われます。

そういった学園祭らしい楽しい要素も盛りだくさんですが、「東大の学園祭はアカデミック」という先入観を裏切らない、多くの講演会も行われます。
たとえば、2013年は玄葉元外務大臣の講演会、女優のみひろの講演会などが開催されてチケットが売り切れになってしまうぐらいの盛況を見せました。

このように思いっきり楽しむ側面と学術的な側面を併せ持っているのが五月祭、ひいては本郷キャンパスの強み、懐の深さでしょう。
訪れたことがない方は、ぜひとも5月の後半の週末に開催される五月祭へ来てみてください。

おすすめスポット! 本郷編

御殿下記念館

文科三類 2年生 Sさん

御殿下記念館は、本郷キャンパス内にあるスポーツジムです。東大生は安く使えますので、僕も1年生の頃に会員登録をして、ときどき通っています。施設内には、ジムナジアムから体育館、プールまで揃っており、トレーニングマシンもかなり充実しています。
また、別途講習会に参加してからでなければ利用できませんが、ウォールクライミングやボルダリング(ウォールクライミングの低いバージョンです)もできます。これが非常に楽しいのでおすすめです。

運動会(東大では運動「部」ではなく運動「会」と言います)の人は、半年間や1年間の長期パスを使っているようです。皆さんも本郷生になったら、ぜひ利用してみてください。

医学部教育研究棟13階 カポペリカーノ

医学部医学科 5年生 Nさん

教育研究棟は、普段は医学部M2の授業が鉄門講堂で行われるほか、各階の研究室で最先端の研究が行われている場所です。その13階にはイタリア料理のレストランがあります。

スカイツリーがきれいに見え、夜には美しい夜景も見られる、よい感じのお店です。値段もランチであれば手が届く範囲内で、学生もたまに使います。

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 大学情報 > 東大生が語る 各キャンパスの魅力 本郷
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.