ここから本文です。

HOME > 大学情報 > 東大女子の生活ってどんな感じ? > 第1回 文学部 3年生 Aさん

東大女子の生活ってどんな感じ? 第1回 Aさん(文学部)

文学部 3年生 Aさん

多忙な日

1日のタイムスケジュール

1日の過ごし方

学科の女子会(飯田橋のカフェにて)

Aさんは、大学の近くで1人暮らしをしていますので、朝起きたら、洗濯や部屋の片づけ、ゴミ出しなどを済ませます。
この日はゆっくりと準備していたら時間がなくなってしまい、朝ごはんは抜き、カフェオレだけ飲んで学校に向かいます。昼にしっかり食べるので、健康に悪いな……と思いつつも朝ごはんは抜いてしまうことが多いそうです。

この日は2・3・4・5限に授業がある日です。Aさんの学科は1日にこんなに多く授業を履修しなくてもよいのですが、3年生のうちに周りの人より多めに授業をとるようにしています。4年生は就活や卒論で忙しくなりますので、履修する授業が少なくて済むようにしておきたいようです。

この日は、農学部、文学部、教育学部、教育学部の授業を受けました。他学部の授業が単位として認められる数は学科ごとに制限がありますが、Aさんの学科はその数が多く、他学部の授業を積極的に履修しています。
ただし、本郷キャンパスは広く、授業ごとの移動が大変です。

お昼は2限が一緒だった友人と学食で済ませます。学食はキャンパス内に複数あり、学食ごとにメニューが違いますが、Aさんは大抵、文学部の建物にある「銀杏メトロ食堂」というところを利用しています。

ちなみに、農学部、文学部、教育学部の授業は比較的女子の数が多いです。Aさんは履修していませんが、工学部の授業などは女子の数が極めて少ないようです。

5限まで授業を受けると、時刻は18時30分、外は薄暗くなっています。
このあとは楽しみにしていた女子会!
学科でいつも仲良くしている女子6人で、飯田橋のお洒落なカフェに行きます。
本郷キャンパス近辺は、居酒屋やラーメン屋、カレー屋、定食屋などの飲食店はたくさんありますが、女子会にぴったりなお洒落なカフェはあまりありません。本郷三丁目の駅から一本で行ける池袋まで足をのばすことも多いようです。

ガールズトークに花を咲かせていたら、あっという間に時間が経ってしまいました。
解散して帰宅しましたが、翌日提出のレポートが終わっていません。家に着いたらすぐにパソコンを開いてレポートを書きます。課題は早めに終わらせておきたいですね……。

余裕がある日

1日のタイムスケジュール

1日の過ごし方

本郷キャンパス付近でランチ

この日は午後の3・4限に学校がある日です。Aさんは朝がとても苦手なので、1限はもちろん、2限もなるべくとらないように時間割を組んでいます。

時間に余裕があったのでこの日は二度寝、しっかりと睡眠をとります。
二度寝から起きて快晴なことに気づき、朝から布団を干したり洗濯をしたりと、清々しい朝を迎えました。

お昼は友達とランチの約束をしており、赤門で待ち合わせです。本当は3限があるのですが、この授業は出席を取らないため、お休みして友達との時間を優先しました。
本郷キャンパスの周りは、ランチをやっているお店が多いです。夜は値段が高くて手が出せないお店でも、ランチはお手軽価格で食べることができます。

就活の話や結婚の話、それぞれの学部の話など話は尽きません。しかし、二人とも12時50分から4限があるので、急いで大学に戻ります。
この日の学校は心理系の授業を受けて、終わりです。

授業が終わり次第、急いでアルバイト先へと向かいます。Aさんは、キャンパスの近くにあるイタリアンのお店で働いています。Aさんの周りの東大女子は、塾や家庭教師だけでなく、ケーキ屋さん、アイスクリーム屋さん、カフェ、パン屋さんなど飲食関係で働いている人も多いです。忙しい学科になると、働く時間が少なくて済む教育系のアルバイトをしている人が多くなるそうです。

Aさんはホール係として、注文を取ったり料理を運んだり、ドリンクを作ったりしています。この日も5時間以上立ちっぱなしで働きましたが、お客さんに声をかけてもらったりして、接客を楽しんだようです。

アルバイトが終わると楽しみにしていた賄いの時間。シェフが作る美味しいパスタと、好きなカクテルをいただきます。
帰宅後は友達と連絡をとったりテレビを見たり、少しダラダラしてから就寝です。アルバイトがあった日は疲れているため、ぐっすり眠れます。

休日

1日のタイムスケジュール

1日の過ごし方

biscUiT(サークル)が発行している小冊子

この日は、学科の友達と午前中から就職系の説明会に参加しました。
2016年卒の代から就職の時期が変わるので、こうした情報収集の機会は大切です。まずはこの夏のインターンに向けて、これからどのようなことをやっていけばよいのか、今後の就活についての話を聞きました。

そのあと友達と軽くランチをして、Aさんは渋谷に向かいます。
夜から駒場キャンパスでサークルがあるので、その時間まで駒場から近い渋谷で買い物をすることにしました。

1,2年生が通う駒場キャンパスは渋谷から2駅のところにあり、駒場時代は買い物や友達とのご飯、飲み会などで頻繁に渋谷に行っていました。しかし、本郷キャンパスに移ると渋谷に来る機会も減ります。
本郷キャンパスに移った東大女子は、渋谷よりも池袋や新宿で買い物することが多くなります。と言っても、1,2年次に比べると授業が忙しくなったり課題が増えたりするので、買い物に行く頻度自体が減るようです。

買い物を楽しんだあとは、歩いて駒場キャンパスに向かいます。井の頭線に乗れば2,3分ですが、歩いても20分程度ですので、交通費節約と運動不足解消を兼ねて時間のあるときは歩いて行きます。

Aさんは、東大女子のためのフリーペーパーを制作するサークルに所属していて、週に一度ミーティングを行っています。東大では珍しく、サークルのメンバーは全員東大女子。次に発行する号の記事をみんなで話し合います。
あっという間に3時間が経ち、解散した後は本郷キャンパスの近くに住んでいる友達の家に向かいます。学部がバラバラな友達とは予定を合わせるのが難しく、一人暮らしの友達の家に夜遅く集まることが多いのだとか。

お菓子を食べて、お酒を飲みながら明け方までさまざまな話をします。普段は同じ学科の子といることが多いAさんですが、たまに会う他の学部の子と話すとまた違った楽しさがあります。Aさんも一人暮らしなので、Aさんの家に集まることも多いようです。

Aさんの多忙度グラフ

一番忙しい時期はいつ?

まだ経験していないので予想ですが、就活と卒論が重なる時期が忙しくなると思います。卒論は8万字です。

一番時間がある時期はいつ?

2年生の前期が一番暇で、週5~6コマでカフェバイトをしたり、友達と遊んだりしていました。

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 大学情報 > 東大女子の生活ってどんな感じ? > 第1回 文学部 3年生 Aさん
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.