ここから本文です。

HOME > 大学情報 > 東大女子の生活ってどんな感じ? > 第3回 工学部 3年生 Cさん

東大女子の生活ってどんな感じ? 第3回 Cさん(工学部 3年生)

工学部 3年生 Cさん

多忙な日

1日のタイムスケジュール

1日の過ごし方

この日は学校が1~4限まであります。1限は普通の座学、2限は宇宙軌道論の物理を英語で学ぶ授業(難しいです)、3,4限は電子回路の実験でした。
Cさんが所属している航空宇宙工学科は、授業自体はそこまで大変ではありませんが、任意の課外活動に参加すると結構大変になります。実験はほかの学科と比べると、かなり早く終わるようです。

授業の内容としては、物理・数学・プログラミング系が大半です。先生はおもしろい方が多く、なかでもCさんのおすすめは、「渋滞学」です。たとえば、ラッシュ時の駅の人間の流れ、信号が赤になったときの車の流れといった「渋滞」は、水や空気のように数式で書き表すことができ、まったく同じ挙動をするそうです。ちょっと不思議ですよね!

この学科は物理・数学がメインとなる、かなり理系っぽい理系なためか、女子が少ないです。女子は56人中2人いますが、2人とも物理と数学が苦手だそう。
周りのレベルが本当に高く圧倒されつつも、内容に興味があるので頑張って付いて行こうとしているCさん。「特に私のようなズボラな人間は、周りのレベルに合わせて付いて行くくらいじゃないと、自分からは何もしないのでちょうどいいかなと……」と謙虚に語ります。こういう経験をするのも、東大ならではかもしれません。

4限が終わった後は、16時30分から2時間、所属しているダンスサークルの音源編集をして、そのあと2時間サークルの練習に参加して帰宅です。
帰宅したら、ゆっくりする間もなく、今度は学校の課題をしなければなりません。この日は23時から深夜2時ごろまで、頑張ってねばって就寝。そして翌日は、8時40分から授業です……。

航空宇宙工学科は志が高く真面目な人が多いので、授業はたいてい皆出席しています。サボるとちょっと目立ってしまうかもしれません。

余裕がある日

1日のタイムスケジュール

1日の過ごし方

この日以外は毎朝8時40分から授業がありますが、この日だけは、3限(13時開始)からです。
朝が本当に弱いCさんにとって、水曜日は週で唯一、遅くまで寝ていても何も言われない休息日のようなものです。もっとも、ほかの日はきちんと朝早く起きているかというと、そうも行かない日もあるようですが……。

Cさんは3限から登校しましたが、学科の友達は朝から学校に行き製図の課題をしていた模様。本当に皆さん朝に強いです。
3,4限が終わると5限は空きコマで、6限があります。5限の時間はたいてい課題をする時間にあてています。こう見ると、課題をする時間が多いですね。

ちなみに、学校が大変になってくるのは、どの学部も3年生からです。1,2年生のうちはあまり大変ではないので、思う存分好きなことができます。きっと3年生からは勉強しなさいということなのでしょう。

最後の6限は20時までです。この授業は、東大で起業した人々の話を聞く授業で、非常におもしろいです。Cさんは「多分この人たちは、自分でしたいことが既存の企業でなかったから、やむを得ず起業したんだな」と思いながら聞いていました。
皆さん話が上手で、とても頭がよさそう。12歳にしてすでに大学の教科書で相対論を学び、17歳にしてCPUを作ったような人(異次元です)が、ごろごろいます。圧巻です。

学校が終わったら友達と池袋でご飯です! さんざん話をして、24時頃に帰宅。少しだけ課題をして2時に就寝し、翌日は1限からです。
学校のキャンパスが本郷にあり、池袋は電車一本で行けるので、Cさんは池袋で遊ぶことが多いそうです。池袋以外だと、後楽園まで歩いて行くことが多いのだとか。

休日

1日のタイムスケジュール

1日の過ごし方

この日は朝の9時から駒場キャンパスでダンスサークルの練習がありました。このサークルはCさんが友人2人と一緒に、1年生の夏に作ったサークルです。
メンバーは20数人で全員女子、インカレサークルで、ジャンルはK-POP専門です。女子だけのインカレサークルは珍しいかもしれません。

普段の大学生活は、学科の女子率が56人中2人とかなり低いですが、対極的にこのサークルは全員女子となっていて、華やかです。
メンバーの中にはテレビのお天気キャスターをしていた人や、読者モデルをしていた人、ミスユニバースに出たことがある人など、なかなか珍しい経歴を持つ人たちもいます。練習が終わって帰宅して、テレビをつけるとその子がでている! ということもありました。

Cさんはサークルの責任者ですので、後輩を指導したりしつつ、13時にサークルは終わり。サークルの後は食堂に向かい、皆でお昼ご飯を食べます。そこから14時ごろ駒場を出て、アルバイトへ向かいます。

夜7時頃に個別指導塾でのバイトを終えると、今度は家庭教師のバイト。2時間ほどで家庭教師のお仕事を終えると、もう夜10時です。
元気な日は、ここから友達と食事に行くこともありますが、この日はそのまま自宅へ帰りました。

土曜日はサークルの後、一日中バイトのことが多いです。Cさんは、夏休みや冬休みに海外旅行に出かけることが多く、その資金を自分で貯めるためです。
友達は、やはり教育系のバイトをしている人が多いですが、中にはwebサーバーの管理やアプリ製作といったバイトをしている人もいます。
Cさんも教育以外のアルバイトをしてみようかな、と考えているところです。

Cさんの多忙度グラフ

一番忙しい時期はいつ?

3年生の冬以降は情報系の勉強も始め、学科の勉強とサークルで忙しくなっていきました。

一番時間がある時期はいつ?

2年生の夏は、進学振り分けに悩みつつも、勉強はあまりせず、たくさん遊びました。

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 大学情報 > 東大女子の生活ってどんな感じ? > 第3回 工学部 3年生 Cさん
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.