home

  • ログイン
HOME > 大学情報 > 現役東大生の時間割大公開! > 2013年度 文科一類 2年生の時間割

現役東大生の時間割大公開!2013年度 時間割大公開!文科一類 2年生の時間割

 
T.M さん
文科一類 2年生
大阪府立北野高校 出身
2011年度 河合塾 大阪校 在籍大学受験科

夏学期(前期)

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1時限
9:00~
10:30
政治 数理科学
2時限
10:40~
12:10
政治 環境化学 フランス語
3時限
13:00~
14:30
近現代史
4時限
14:50~
16:20
湾岸ゼミ ヒンドゥー語
初級
中級英語
5時限
16:30~
18:00
近未来は
変えられるか

冬学期(後期)

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1時限
9:00~
10:30
統計 都市計画概論 環境工学概論 交通工学概論
2時限
10:40~
12:10
統計 建築計画第一 算法通論
3時限
13:00~
14:30
地球環境工学 環境水質化学 都市計画演習 都市環境概論 i.school
in Komaba
4時限
14:50~
16:20
都市工学数理 バリアフリー
総論
都市計画演習 都市計画演習 i.school
in Komaba
5時限
16:30~
18:00
国際機関で
働く
スペイン史 都市計画演習 i.school
in Komaba

i.school in Komaba

i.schoolのiは、innovationの略語であり、文字通りイノベーションを産み出すための思考法を学ぶ授業です。具体的には、先生が与える課題(電気自動車が産み出す新たな社会など)に対して強制発想法などの思考回路に従いながらグループワークを通して意見を深め合うというものです。

イノベーションの重要性はよく耳にしますが、「ごく限られた一部の天才にしか閃けないもの」という固定観念を抱いている人は多いと思います。
ですが、アメリカのスタンフォード大学を発端に、世界中のトップ大学でイノベーションの産み出し方について研究がなされていて、学生向けの授業が開講されています。例えば、上記でも触れた強制発想法とはマトリックスの縦列に現存の事物、横に新技術などを書き連ねた後に、交差する内容を掛け合わせて考えます。こうする事で、洗濯機×ホバリングロボットのような普段は考えもしないような内容についてその実用性を探ります。

私はこの授業を通して、柔軟な思考力というものをわずかながら会得できたように思います。メタ思考を用いるだけで自分の生産性がこうも変わるのかと感嘆すると同時に、天才の閃きをアカデミックにシステム化しようとする取組自体にも関心を抱きました。
高度に産業が発達して、脱工業化やエコ社会の必要性が叫ばれる今日の社会では、「自然科学や人文科学といった分野をひたすら深める」という従来の勉強のみでは不十分かもしれません。

もちろん、これらの学術的領域が不要ということではまったくなく、その分野を学ぶのにも東大は非常に優れた環境です。ですが今日では、「ひたすら産業の高度化をめざす近現代のパラダイム」では解決不可能な問題が地球上に散見されます。
そのような問題の解決メソッドを確立する手法を学ぶことは非常に大切ですが、それを学べる機会はまだまだ希少です。この授業でそれを学ぶことができた私は幸運でした。

皆さんも、東大で明日を変えるための準備となる授業を受けませんか?

HOME > 大学情報 > 現役東大生の時間割大公開! > 2013年度 文科一類 2年生の時間割
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.