ここから本文です。

HOME > 大学情報 > 現役東大生の時間割大公開! > 2015年度 文科二類 1年生の時間割1

現役東大生の時間割大公開!2015年度
文科二類 1年生の時間割1

M.T さん
文科二類 1年生
東京都 海城高校 出身
2014年度 河合塾 池袋教室 在籍MEPLO

夏学期(前期)

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1時限
8:30~
10:15
世界史論 数学I 初年次
ゼミナール
2時限
10:25~
12:10
教育臨床心理学 宇宙科学
(文科生向け)
中国語演習初級
3時限
13:00~
14:45
経済I 中国語二列 FLOW
/英語一列
英語中級 スポーツ・
身体運動
4時限
14:55~
16:40
中国語一列 情報
5時限
16:50~
18:35
ことばと文学II

冬学期(後期)

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1時限
8:30~
10:15
心理II 身体生命科学
2時限
10:25~
12:10
健康スポーツ
医学
古典中国語 中国語演習初級 東洋古典学
3時限
13:00~
14:45
経済II 中国語一列 英語中級
/英語一列
ALESA スポーツ・
身体運動
4時限
14:55~
16:40
現代教育論
5時限
16:50~
18:35
歴史I

おすすめ講義/古典中国語おすすめ講義/古典中国語

本講義は2015年度から新たに設けられた、言語系(L系列)の講義です。漢文を読む能力を向上させることを目的としており、高校で漢文が得意だった人にも苦手だった人にもおすすめできます。

授業の流れとしては、予習の段階で白文の漢文に自分で訓点をすべてつけて書き下し文を作成しておき、先生に指名された人が発表して、先生が補足や解説をするという流れになっています。
出される課題は短文のものだけでなく、長文の読み応えのあるものまでさまざまです。

成績評価はテストとレポートによって行われます。テストは授業内容重視で、難解なものではありません。レポートは返り点のみついた漢文の書き下し文を作成して現代語訳を書くというもので、丁寧に辞書を引くことが求められます。
辞書は予習段階でも活用するので、この講義を受けようと思っている人は漢和辞典を捨てないようにしましょう。

この講義の良い点は三つあります。
一つ目は、漢文に興味があれば非常に楽しいということです。高校の漢文では、大学入試という目的にあわせて不要とされていましたが、白文の書き下しや訓点付けは、慣れてくるとおもしろいものです。その確認のために、授業に出るモチベーションも上がります。

二つ目は、この講義の単位が言語系の単位であるため、英語の上級講義や第三外国語の単位の代わりになるということです。「どうにも外国語が苦手」という人はぜひどうぞ。

三つ目は、漢文を通して中国の歴史や故事にあたることができることです。教員は中国古典に造詣が深く、中国史通の人なら興味をひかれる出典の漢文も多く扱います。

本講義は、漢文に少しでも興味を持っている人にとっては内容的にも素晴らしいですし、単位取得や平均点向上の手段としても優秀なものとなっています。
大学生になってから学んだとき、高校で触れた漢文がどんな姿を見せてくれるのかを、知りたくはありませんか?
そこにはきっと新たな発見があるはずです。

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 大学情報 > 現役東大生の時間割大公開! > 2015年度 文科二類 1年生の時間割1
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.