ここから本文です。

HOME > 大学情報 > 現役東大生の時間割大公開! > 東京大学 理科二類 1年生の時間割(2017年度)

現役東大生の時間割大公開!東京大学 理科二類 1年生の時間割
2017年度

井上 優 さん
理科二類 1年生
東京都 筑波大学附属高校 出身
2016年度 河合塾 秋葉原館 在籍高校グリーンコース
井上さん

東京大学 理科二類 夏学期(前期)の時間割

時間割 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1時限     線形代数学   生命科学
2時限 微分積分学   初年次
ゼミナール
化学熱力学 美術論
3時限 数学演習   教養英語 スポーツ・
身体運動
 
4時限 情報 ドイツ語一列 力学 ドイツ語二列 ALESS
5時限   食の科学     基礎統計

おすすめ授業/食の科学おすすめ授業/食の科学

1年生の間、特に理系は必修科目が多く、授業をあまり自由に選ぶことができませんが、空いているコマでは興味のある授業を選択して履修できます。
進学振り分け(進学選択)に向けて、各学部・学科の先生方がさまざまな授業を開講しているので、いろいろな授業をとって進路を考えることができます。

「食の科学」は私が進学先の候補に考えている農学部の学科の先生方が開講している授業だったので履修しました。オムニバス形式で毎週違う先生のお話を聞けてとても興味深かったです。講義は先生たちの研究内容に基づいていて、研究室の説明もあったので、進路を考えるうえでとても参考になりました。

この授業は一回ごとで独立した内容なので、生物の知識がなくても、教養として毎回楽しめます。東大では1,2年生の間に取得しなければいけない単位数が細かく決められていて、文系の人も理系の授業をいくつか取らなくてはいけないのですが、文系の人にも人気の授業で、教室いっぱいに人が集まっていました。

おすすめ授業/初年次ゼミナールおすすめ授業/初年次ゼミナール

「初年次ゼミナール」は、東大の1年生の必修授業で、文理別にさまざまな分野のゼミが開講され、まず希望をとり、抽選で15人ずつくらいのクラスに分かれて行われます。大学の研究・ゼミを体験してみようという目的の授業で、夏学期か冬学期に13回授業があります。

私は光合成の研究をなさっている先生のゼミに入りました。そこでは、論文検索をして理解した内容をプレゼンしたり、論文でたくわえた知識をもとに疑問を出して仮説を立て、実験を計画・実行したりしました。グループ実験では、実際の研究室に行きさまざまな器具を使った実験ができて、とても貴重な体験ができました。

英語で論文を読んだり、短い準備期間でプレゼンをしたりと慣れない大変なこともありましたが、自分の興味のある分野の学習を深められるうえ、大学での研究とはどういうものなのか、短期間ですが体験してイメージをつかむことができるよい機会でした。

東京大学 理科二類 冬学期(後期)の時間割

時間割 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1時限 食糧と環境   線形代数学   生命科学
2時限 微分積分学   電磁気学   比較芸術論
3時限 数学演習 構造化学 英語一列 スポーツ・
身体運動
基礎実験
4時限 ドイツ語一列       基礎実験
5時限 進化学 英語中級   住環境の科学  

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 大学情報 > 現役東大生の時間割大公開! > 東京大学 理科二類 1年生の時間割(2017年度)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.