ここから本文です。

HOME > 東京大学入試情報2022 > 東京大学 入試結果分析2021

東京大学入試情報2022東京大学 入試結果分析2021

2021/06/11 更新※東京大学入試情報2022は、2022年4月入学予定者向けの情報です。

河合塾が2021年度東大入試の結果を分析しました。偏差値の詳細な推移については、「東京大学の偏差値」を、ボーダーラインについては、「東京大学 ボーダーラインの推移」をご覧ください。

東京大学全体の動向

東京大学全体の前期日程の志願者数は9,089名(前年比98%)となりました。
現卒別で見ると、現役生は6,063名(前年比102%)と増加しており、積極的に挑戦した様子がうかがえます。一方、既卒生は3,026名(前年比91%)と1割近く減少しました。

科類別に見ると、文類(前年比94%)は2年連続減少、理類(前年比101%)は前年まで2年連続減少していましたが2021年度入試では増加となり、対照的な動向となりました。

文類では文科一類・文科二類で志願者数が前年から1割減となりました。唯一志願者が増加した文科三類は前年まで4年連続で志願者が減少していたことに加え、前年の第1段階選抜ラインが6割台と低かったことが志願者を集めた要因と考えられます。

理類では、理科一類・理科二類で前年並みの志願者数となった一方、理科三類では前年比93%と減少しました。理科三類の志願者数が400名を割り込んだのは2003年度入試以来、18年ぶりとなりました。

科類別の動向

東京大学 文科一類

4年連続で志願者数が増加した文科一類でしたが、2021年度入試では1,264名(前年比90%)と減少しました。
共通テストのボーダー得点率は87%、二次偏差値は変わらず67.5でした。

東京大学 文科二類

文科二類の2021年度入試の志願者数は1,016名(前年比91%)と、3年連続の減少となりました。共通テストのボーダー得点率は88%。二次偏差値は67.5と変動はありません。

東京大学 文科三類

4年連続で志願者数が減少していた文科三類は、2021年度入試では1,455名(前年比102%)と増加となりました。共通テストのボーダー得点率は88%。二次偏差値は67.5と変動はありません。

東京大学 理科一類

理科一類の2021年度入試の志願者数は2,989名(前年比102%)と、2020年度入試に続き2年連続の増加となりました。
共通テストのボーダー得点率は89%。二次偏差値は67.5と変動はありません。

東京大学 理科二類

2年連続で志願者数が減少していた理科二類は、2021年度入試では1,980名(前年比101%)と増加しました。共通テストのボーダー得点率は89%。二次偏差値は67.5で変動はありません。

東京大学 理科三類

2020年度入試では志願者数が増加した理科三類でしたが、2021年度入試では385名(前年比93%)と減少しました。共通テストのボーダー得点率は92%。二次偏差値は72.5で変動はありません。

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 東京大学入試情報2022 > 東京大学 入試結果分析2021
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.