ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 激励メッセージ 文類:文科二類 東大受験当日に大切な3つのこと

東大受験を乗り切るために激励メッセージ(文類)
東大受験当日に大切な3つのこと

T.S さん
文科二類 入学
東京都 攻玉社高校 出身
2018年度 河合塾 本郷校 在籍大学受験科
大学受験科(高卒生対象)
再スタ-トする高卒生を東京大学"合格”へと導く河合塾のコース

いよいよ東大二次試験の日が近づいてきました。今まで培ってきた実力を十分に発揮できるか、その場の雰囲気にのまれないか、いろいろ考えて皆さんはとても緊張していることでしょう。今回は試験当日の気の持ちようについて書こうと思います。ちょっと気を紛らわす程度にでも読んでくださったらうれしいです。

試験が全科目終わるまでは気を緩めないこと

まず、試験が全科目終わるまでは、友達や知り合いと話し込んで気を緩めたりしないでください。勿論、試験の内容について話して「あー、あそこミスしたかなぁ」と悔い始めるのは一番良くないですが、ただ他愛ない世間話をするのもやめた方がよいと私は思います。

東大の試験は、1科目の試験時間が長いため2日間に分かれているのであって、言ってしまえば、1日目の夕方~2日目の朝は長い休憩時間です。ここまでで自分がおおよそ何点取れたか、そしてここからどういう戦略で点を取るか、そのために何を見直すか……と、考えることは山ほどあります。

友達と話すのは試験後まで我慢してください。ここまで何年も努力してきた皆さんなら簡単にできることです。

自分を信じること

次に、試験終了まで自分を認めて信じてあげてください。皆さんはここまで、東大に合格するためにさまざまな課題を乗り越え、弱点を克服してきたはずです。そうして得た力も、自分に対する自信というピースがはまってこそ発揮されます。

もしかしたら、この問題の対策は結局十分にできなかったとか、試験前に不安になって悔いることもあるかもしれませんが、「それでも自分ならできる!」と強く言い聞かせ、ただ目の前の問題に向かってください。そうすれば合格は大きく近づきます。

上手くいかなかったら割り切ること

最後に、仮に特定の科目で上手くいかなくても、「そういうものだ」と割り切ってください。今年に限って苦手なタイプの問題が出た、選択肢が増えた、分量が増えた……と、入試は不測の連続です。いろいろな対策をしても対応しきれず、上手くいかないことはよくあります。

それでも、皆さんが必死に努力してきた事実は変わりませんし、それは本当に立派なことです。ならば上手くいかないのは運のせいにしましょう。この科目とは運がなかった、そう思って割り切ってしまいましょう。自信をなくしてしまうことなく、残りの科目で巻き返そうと考える力も受験を乗り切るためには必要です。

防寒対策、トイレの位置、併願大の合否……試験で気になること、気にしなくてはいけないことは他にもあり、私が上で挙げた3つがすべてではありません。ですが私はこれをメインに考えていた、ということを今回書きました。この記事を読んだ人が一人でも多く東京大学に合格することを願っています。いつも通り、落ち着いて、頑張ってください!

大学受験科(高卒生対象)
再スタ-トする高卒生を東京大学"合格”へと導く河合塾のコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 激励メッセージ 文類:文科二類 東大受験当日に大切な3つのこと
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.