ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 東大をめざした理由 文類:文科三類4 東大に挑戦したいと思えた理由

東大受験を乗り切るために東大をめざした理由(文類)
東大に挑戦したいと思えた理由

M.T さん
文科三類 入学
東京都 出身
2017年度 河合塾 本郷校 在籍大学受験科
大学受験科(高卒生対象)
再スタ-トする高卒生を東京大学"合格”へと導く河合塾のコース

東大に挑戦したいと思えた理由

私が東大をめざした理由は、2つあります。
1つ目は、最難関に挑戦したいと思ったからです。そして、自分も挑戦できるかもしれないと思えたのは、その成功例や体験談を聞く機会が身近にあったことが大きいと思います。

私の場合は、先輩から東大受験について話を聞くことができたり、周囲に同じ志を持つ友達がいたりしました。そのため、勉強で辛いときにも励ましあうことができ、比較的受験勉強を進めやすい環境だったと思います。

しかし入学してみると、周囲には女子の東大受験成功例がなく、一人で最後まで勉強を続けて合格を勝ち取った、という人も多くいました。

これを読んでいる受験生のなかにも、そうした状況で頑張っている人がきっといると思います。もし今、孤独や不安と戦っているのであれば、東大塾の記事を通して東大のイメージを自分なりに持ち、自分が東大に通う姿を想像し、そして最後まで自分を信じてほしいと思います。

進振り制度の魅力

続いて、東大での学生生活をより具体的にイメージするために、進振り制度(進学選択制度)についてお話しします。これは私が東大をめざした2つ目の理由でもあります。

進路について、文系には絞っていたものの、学部を決めかねていた受験時代の私にとって、進振り制度は魅力的に感じました。
実際に東大に通ってみて、私自身としては前期教養課程でさまざまな興味分野の講義を受講するうちに、自分が最も深く考えたいと思うテーマは何なのかが見えてきたと感じています。

幅広い学問分野に触れることの意義は、もちろんレベルの高い講義を受けて知的好奇心を満たすということもありますが、興味をむやみやたらに広げていくのではなく、「この分野は自分が想像していたものと少し違うな」「自分には向かないだろうな」といった感覚を捉えながら、段階を追って選択の可能性を徐々に狭めていくことができることだと思います。

刺激的な環境

私が入学した文科三類は、進学先を自由に選択するためには、他の科類よりも高い点数が必要となることが多いです。そのため、普段の勉強も大変な部分がありますが、さまざまな分野の講義を受け、多くの出会いから刺激を受けられる環境は本当に貴重だと思っています。

受験生の皆さんにも、今は想像もしていないような多くの出会いがきっと待っています。東大合格を勝ち取れるよう頑張ってください。応援しています。

大学受験科(高卒生対象)
再スタ-トする高卒生を東京大学"合格”へと導く河合塾のコース

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 東大受験を乗り切るために > 東大をめざした理由 文類:文科三類4 東大に挑戦したいと思えた理由
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.